実用&学童用肥後ナイフ(二得〜三・四得型を含む)

一部 学童用?と悩む物も有ります。ここが一番我々世代にとっては懐かしくも有り ちょっと酸っぱい思い出の肥後守たちですね。金額的には特大が2000円以下、大は1000円を中心にし 学童用は更にその半額が基本です。見分け方はチキリが切りっぱなしで全鋼です。※◇TO追加(いちばん下のほう)


別打カネ定登録肥後守 2009/07/12名古屋のコレクター氏から購入

中)刃材:全鋼 柄材:クロム 全長170mm 鞘長98mm 刃長75mm 刃幅13mm 刃厚2.3mm 重量38g

小)刃材:全鋼 柄材:クロム 全長160mm 鞘長90mm 刃長69mm 刃幅12mm 刃厚2.3mm 重量29g

この二本は名古屋のコレクターの方からメールを頂戴して購入していただいた個体です。金物屋さんで30年以上眠っていた全くの新品です。最近オークションでの肥後守価格が暴騰し 購入するのを躊躇う物が多い中 足で探すとこういうコンクールコンディションの個体に出会えるのですね。刃も削ったばかりに見え一本一本丁寧にグラインダーが掛けられており ちょっと砥石で刃を整えてやればOKです。カネ定は富士山マークでちょこまか見かけるのですが三木市の登録ではないようです。ここまでコンディションが良いと出火当時の姿が判りますが決して型抜きしたまんまではなく丁寧な作りの肥後守です。まだ探すと出てくるのですね。ちなみに値段は二本で1300円です。Yahooオークションで出たら幾らになるのかな?


本家 登録 肥後守 2008年5月Yahooオークションで入手 

刃材;全鋼 柄材;黒塗鉄 全長135mm 鞘長80mm 刃長56mm 刃幅9mm 刃厚1.6mm 重量16g チキリ穴無 両面凡座金

実は「本家」「登録」というのは本物のカネ駒製には存在しない。まあ造りから言えば文具系卸経由で市場に出た学童用肥後守そのものである。「登録本家」を同時に使っているのは「ハリマ肥後」が有名だが この個体が関係あるかどうか資料では不明であり、現物を比べても「ハリマ肥後」のほうが造りが良い。


東京 割込肥後真影 別打 

刃材;全鋼 柄材;黒塗鉄 全長90mm 鞘長79mm 刃長60mm 刃幅11mm 刃厚1.5mm 重量11g チキリ穴無 座金無

いかにも、という感じの学童用肥後ナイフである。資料にも全く名前の無い「謎物件」である。謎は割込という刻印の上に有る「東京」という右書の字である。何れにしても三木の産ではなさそうである。全所有者が歯で噛んだのか 何とも妙な凹凸が目立つ。恐らく文具卸経由の東京都内産 肥後ナイフだと思う。


肥後福光 別打 

刃材:全鋼 柄材 クロム 全長155mm 鞘長90mm 刃長68mm 刃幅12mm 刃厚2.1mm 重量28g チキリ穴無 両面凡座金

これも資料に名前の無い物件である。全体的な造りが「宗近」によく似ている。OEMかな?という印象。肥後○光だと肥後兼光以外では該当するものがない。外観からして学童用肥後ナイフだが そう造りの悪いものではないと思う。


三和 割込高級肥後 2007年3月Yahooオークションで入手 

刃材:割込? 柄材:鉄黒柄 全長200mm 鞘長117mm 刃長76mm 刃幅17mm 刃厚1.7mm 重量48g

チキリ無(ネイルマーク有)両面菊座金

ミントコンディションでの入手で全体から受ける印象が「戦前?」という疑いが有りますが確証を欠くため こちらに掲載します。刻印は薄くて肉眼でも横からライトを当てて何とか見える位です。三和はSANWAとして当時の加東郡市場村(現小野市市場町)の田中精一さんという方から昭和13年に商標登録依頼が出ていますので戦前からのメーカーです。一見安っぽく見えますが現物は非常にしっかりした造りをしています。三和からは「高級」の無い「割込肥後」という名称のものも売られていますし、今でも時々オクに出ていますがチキリの無い個体の為に安値での取引が多いようです。実は戦前から続く「肥後ナイフ」の名品です。この個体は特徴である小刃を先端に強く立てる三和らしい仕上が見事に残っています。


メートルナイフ 片刃 

刃材;全鋼+片刃 柄材;真鍮 全長147mm 鞘長87mm 刃長58mm 刃幅12mm 刃厚1,5mm 重量19,5g チキリ無 両面菊座金 ネイルマーク有り

先端の形状は浅沼稲次郎暗殺事件が有った後 トンガリが滅亡した時代特有の不細工なもの。しかしこのナイフはれっきとした登録商標。小野市に戦前からあるメーカーで「スピートナイフ」を造ったところである。桜の中に西の字が書いてある商標のものも有る。商標登録は昭和27年だが ナイフは昭和35年10月以後の形状である。戦前版の存在が確認されており「5サンチ」と書いてある筈だ。刃物狩り後もっと酷いものは、先端を赤めて丸く叩潰された物も有った。それほど日本中が尖端恐怖に取りつかれたのは、当時最先端のラジオ実況で浅沼暗殺の瞬間が放送された事による。

2/2に鞘をコンパウンドで磨いてみると 前にははっきりしなかった文字がくっきりと読めるようになった。また刃を研ごうとして初めて「片刃」である事に気づいた。前の所有者によって蛤刃状態になっていたせいだ。右利き用だが資料には「片刃」であるとは書かれていない。気づかずに研いだ為「裏スキ」らしい刃体部中央の凹みを残し刃と峰に砥石が当たっている。


天狗肥後 別打 

刃材:全鋼 柄材:真鍮 全長120mm 鞘長73mm 刃長50mm 刃幅10mm 刃厚1.6mm 重量13g チキリ穴無 座金無

非常にチープな造りの「小サイズ」肥後ナイフ。真鍮の質が悪いのか磨り減ってしまいマークが読み取れない。肥後秀威(この頁にある)よりも一回り小さい。資料にも この名前は出てこない。御当地名物「天狗納豆」があるため 関東では水戸と天狗は出会い物(幕末の天狗党の乱というのも有る)だが水戸に 斯様なナイフを造るような会社はない。もう少し資料を漁ってみるつもりである。


高級肥後別製 

刃材:全鋼 柄材;鉄 全長165mm 鞘長96mm 刃長68mm 刃幅12mm 刃厚1.5mm 重量24g チキリ無 座金無 ネイルマーク有り

恐ろしい程チープだがれっきとした登録商標である。写真では見えにくいがリング内に何かの字がある。小野市市場町にあったSANWAの製品だと思う。この会社は昭和13年には存在している。もう少し高級なバージョンだと普通の肥後守の形状である。入手時のコンディションが悪く これ以上錆を落とすとナイフごと無くなりそうである。刃材も相当悪く 片面が「巣入り」状態である。よく似た形状でスポーツマンナイフとか少年ナイフとかが この頁の最下段の方に有る。よく見ると柄の形状が少しづつ違う。この手のナイフでメーカーまで解るものは少ない。

2/2コンパウンドで柄を磨いたのだがマークが三和ではないようだ。肥後守で正円形のマークを使っているのは肥後隆義の丸に干と丸にF 肥後風雲児の丸に虎 肥後敏秀の丸に 敏肥後守久宗の丸にTA 他にも丸に秀 政 鈴の肥後守、人の顔を逆さにしたような登録商標肥後守があるが どうも どれとも違うようである。「高級肥後」を名乗ったのは3点確認され三和と「鳥のマーク」と鬼印のとが有る筈だが.........自信が無くなってきた、


ダルマ肥後 裏面にDarumama,Higoという刻印有り  

この個体では解読出来なかったが御二人の方から御指導を頂戴いたしました、多謝御礼申し上げます。12/21

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長169mm 鞘長83mm 刃長72mm 刃幅13mm 刃厚1.6mm 重量25g 片面凡座金 チキリ穴無

厄介な肥後ナイフである。肥後守を名乗っていないから三木市産品でないことは解っているが肝心かなめの一文字目が錆で覆い尽くされ消えている。裏側に筆記体のローマ字刻印というのは実に珍しいのだが これまた何文字消えているのか解らない始末である。もし何方か御存知の方がおられたら御教示いただきたいと.......。作りそのものは大量生産品に有りがちの片面だけの座金と適当に叩いただけのハトメ金具で何となく宗近とか銀峰とよく似た感じの個体である。


登録 金だるま肥後 別製  2008年3月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材;クロム 全長136mm 鞘長119mm 刃長57mm 刃幅10mm 刃厚1.5mm 重量16g チキリ穴無 座金無

学童用の肥後ナイフであり 上記ダルマ肥後と名前は似ているが資料上も別物である。造りもチキリは一応叩いてあるが殆どプレス抜きでお終いというチープな造り。ダルマの細い線まで奇麗に刻印されているのは立派であろう。恐らく「肥後吉光」「カネ辰肥後」と同じメーカーの手になる製品と思う。(ウラ向きに並べると区別が出来ない)


登録商標一刀流謹製  

刃材:全鋼 柄材:黒塗鉄 全長160mm 鞘長70mm 刃長68mm 刃幅13mm 刃厚2.4mm 重量29g 両面凡座金 チキリ穴無

これはカネ駒OEMな筈なのだが(三木市伊藤金物からの発注)どう見てもカネ駒との良い点の類似点が見当たらず カネ駒の処に掲載しなかったのである。カネ駒OEMと明確に解っている「切出し型」の物と比較すると刻印そのものは全く同一である。ところが刃の仕上が とことん雑な造りでグラインダー痕が酷く 刃の付け方が二段になっている。宮本武蔵シリーズの様な反り返りではなく、途中からカクッと曲がっている。表側(刻印側)から見た鳩目金具は如何にもカネ駒の其れらしく大きめの物だが裏側の座金やピンの叩き方は何ともカネ駒らしくない。チキリなど左半分は刃と平行で右半分は小判型という適当な造りである。(あ、これはオリジナルでもたまに有りますね)各種書籍や資料から間違いなく「カネ駒OEM」な筈なのだが どうにも納得のいかない造りの個体である。


登録 丸の中に大 肥後守 カネ萬 

刃材:全鋼 柄材:鉄 全長172mm 鞘長123mm 刃長97mm 刃幅17mm 刃厚3.4mm 重量68g 両面凡座金 チキリ穴有

コンディションこそ悪いが相当立派な造りの肥後ナイフである。元々クロムメッキを掛けていない柄材で相当使い込んだ縦折柄である。登録の文字が右書きだが戦前の物には特大サイズは無い筈。恐らく三木産かと思って資料を漁ったが○の中に大という物もカネ尺の中に萬の字の物も該当が無かった。前ユーザーが どうしようも無い程研ぎ減らしているので刃材は正確ではないが利器材独特のラインは一切無く全鋼と推量する。


桜に正 肥後繁陽丸 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長157mm 鞘長95mm 刃長63mm 刃幅12mm 刃厚1.6mm 重量25g 両面凡座金 チキリ穴無

最初「紫陽」(アジサイ)かと見えたが繁るに陽で、この繁は人名辞典に掲載されている字である。これもまた桜に正のマーク、繁陽丸という名前ともに三木産物の資料に該当が無く 商標登録から調べても該当無しである。造りは極めてあっさりとした学童用で 使い減り云々ではなく元々刃材が相当薄手である。


肥後司春重A一級/東京都選定優良標準品山久製品 2007年10月入手 

刃材:利器材 柄材:鉄 全長167mm 鞘長93mm 刃長73mm 刃幅12mm 刃厚2.1mm 重量39g チキリ穴無 両面菊座金

07年9月末からYahooオークション出品品の「肥後司」の偽物疑惑が2cj肥後スレで起きたのだが、こちらが肥後司の一般的な物である。前ユーザーがモデルガンに使う染料で黒染をしたらしく剥すのに苦労した。肥後司春重は三木市の隣の小野市の製品で、商標公報で登録番号366934で登録されている。よく解らないのが「A一級」なる表記と裏面の「東京都選定」「優良標準品」の表記である。なんだか文部省とか教育委員会でも後援したかの様な表現である。座金だが相当摩耗はしているが両面とも菊座金を使っている。また刃体部に「別打」マークが刻印されている。刃は比較的薄めだが利器材の割込である。結構雑に扱われた個体のようだが刃を畳んだ時に刃体部がピタリと真ん中に収まる素性の良い個体で 先端の刃欠けさえ無ければ日常用で使える位の完成度である。五枚目の写真のカネ駒は「大」サイズである。


肥後武蔵/山鹿ホテル 2007年8月Yahooオークションで太宰府の方から入手

刃材 黄紙?全鋼 柄材:黒鉄柄 全長111mm 鞘長63mm 刃長52mm 刃幅11mm 刃厚1.8mm 重量12g チキリ穴無 両面凡座金

非常に小形の肥後ナイフである。熊本県のホテルのノベルティグッズである。こういう珍品が入手出来るからオクは楽しい。五枚目のカネ駒は青紙割込大サイズ、六枚目一番下は言わずと知れたカネ駒豆肥後である。つまり小サイズより更に小さく豆肥後よりも大きい特殊サイズである。座金が両面菊座金かと思ったら圧力で皺が寄っている物だった。この肥後ナイフの名前は全くの初見なのだが細かい刻印も全て奇麗に打ち込まれチキリも叩いてある。全体から受ける印象が肥後隆義に似ている。ホテルのノベルティの場合 地元の業者に依頼する事が多く もしかすると熊本の地場産業なのかも知れない。小さいが充分実用になる佳作である。

※2007年8月竹花じゃなく武蔵の崩し字と御指摘を受けました(-.-;崩し字の読めない.......赤面しました。


h.s BEST STEEL 縦折り三枚刃 2007 年8月Yahooオークションで入手 

刃材;全鋼三枚刃 柄材;クロム 全長167mm 鞘長95mm 刃長52mm 刃幅10mm 刃厚1.5mm 重量44g

正確には肥後守では無いのだが どう見ても学童様玩具系ナイフなので収載した。鳩目の斜め下のポッチの様なものは縦折り鞘から反対側に刃が飛び出ない工夫である。鞘は1.0mm厚の縦折りで相当頑丈に出来ている。ロックシステムは全く無く摩擦力だけで刃を押さえつけている、鋸刃はアサリ無し、缶切りと栓抜きの部分と ナイフ刃と三枚刃構成である。ナイフは案外チャチでネイルマークは有るが 温度処理していない疑いが有る。変に細工が細かいわりに 大ざっぱなナイフである。縦折りで鉄板が分厚く戦前物かとも疑ったが 今でも外科用のメス等を造っている関市のメーカーに同名のBest Steel社が存在している。もしかするともしかするので現在調査中である。


登録商標角M(四角の中にM)優等肥後守 2007年6月オークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長156mm 鞘長90mm 刃長69mm 刃幅12mm 刃厚2.0mm 重量26gチキリ穴無 両面凡座金

堂々と「肥後守」を名乗っており 私も何処かで見かけた覚えが有ったのだが、手持ちの資料で探してみても「M」マークや優等肥後守でも該当する物が無い。何処で見かけたのか気になる、刃は全鋼の角刃で一般的な物。現段階では錆落としをしたままなので奇麗ではないが その内研いだ上で写真を差し替えるつもりである。チキリは叩いてあり比較的精密な作りで いい加減なナンチャッテ肥後守とは思えないのだが??


登録かつひさ・裏面に肥後守 2007年6月浜松のコレクターの方から入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長134mm 鞘長78mm 刃長55mm 刃幅11mm 刃厚1.4mm 重量14g チキリ穴無 座金無し 柄に斜めのラインが刻印されている。

手持ちの資料には「かつひさ」の名前は無い。また漢字の読みが「かつひさ」になる名称で登録されている物も見当たらない。柄の裏面に「肥後守」と書いて有るあたりが何となく「スイマセン 御名前御借りします」という感じがして「美空ひばい」とか「こまどい姉妹」みたいで微笑ましい。何しろ作りが作りで雑っぽい。ところが 結構良い刃が付いている。いかにもグラインダーに素人が当てた様でカッティングエッジのラインがユルユルである。これに小刃を少しだけ付けてあるので箱出し?状態だと切れるわけである。子供だと飛びつくのだが すぐ切れなくなってしまう。全体の雰囲気は何となく「スポーツマン・ナイフ」と類似した感じがする。しかし裏面だけに「肥後守」と それだけ刻印した物は初めてお目にかかった。珍品である。


クラウン肥後ナイフ 07年4月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:黒塗鉄 全長169mm 鞘長98mm 刃長72mm 刃幅12mm 刃厚1.5mm 重量29g ワッシャー無し チキリ切りっ放し

見るからに学童用という趣の廉価版肥後ナイフ。珍しく刻印銘が横書きである。全体的な造りは雑な大量生産品だが、刻印は深く明瞭に打ち込まれている。座金は無く チキリも叩いておらず刃はグラインダー痕が生々しい。全鋼に高周波処理を施した刃だが案外切れ味は悪くない。長切れはしそうにないが。手元の資料によると三木市産品ではなく 刃の材質 形状 厚みから見て「宗近肥後」のOEMだと思われる。


登録・高級 高千穂肥後 07年2月Yahooオークションで入手 

刃材:利器材 柄材:クロム 全長210mm 鞘長117mm 刃長96mm 刃幅18mm 刃厚2.5mm 重量61g チキリ穴無 ワッシャー両面

状態がイマイチであったがオリジナルの造りの良さが解る。少し反りの強い角形の刃は 砥石を当てると利器材のラインが見えてきた。グラインダ痕も殆ど無くチキリも叩いてある。大きさが特大型に該当するため、昭和40年代以降の物と考えられる。この個体には刻印されていないが「蝶」のマークの物が有るはずで、この高千穂肥後は間違いなく兵庫県三木市産の肥後守なのである。資料では「割込」となっているが利器材仕様である。


高級・登録 肥後隆義 07年2月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長160mm 鞘長93mm 刃長72mm 刃幅12mm 刃厚2.0mm 重量33g チキリ穴無 ワッシャー両面

珍しい草書体の刻印銘を持つ肥後ナイフ。多分鳩目はノン・オリジナルであろう。少し太さが足りずグラついているが それだけ大事に使われ続けたものだろう。刃の研ぎ減りが強く しかも左右で刃の形状が違ってしまっている。これを修正するには一度両面をベタ研ぎにすれば良いのだが、ここまで減っていると刃が無くなってしまう。実物を虫眼鏡で観察するとワッシャーが「菊座金」である。高級品の証である。肥後隆義は資料によると三種類のマークが有る。「登録」「高級・登録」「割込・登録」に「謹製」「別打」の刻印を使い分けた上 この個体のように草書体の刻印まで有るから話がややこしい。これも由緒正しき兵庫県三木市の産である。


登録 金だるま肥後 別製 07/2月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長125mm 鞘長78mm 刃長61mm 刃幅10mm 刃厚1.5mm 重量13g

小形の肥後ナイフ、手持ちの資料では三木市産品では無いようです。どうも造りが山秀肥後秀威(この頁の下の方に有ります)と瓜二つで同じメーカーの手による物に思えます。ワッシャーは両面とも無し、チキリはちゃんと叩いてあります。砥石に当てた感触は相当に硬く きっちり熱処理をしている感じです。昭和30年〜40年代に女子が筆箱に入れていたのが このサイズでした。


正鋼別打分銅カネ宮登録肥後守 2007年2月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長160mm 鞘長90mm 刃長69mm 刃幅12mm 刃厚1.9mm 重量28g

これは「フンドウカネミヤ」が正式な呼称だとのこと。俗称は「マルミヤ」でした、多分子供らでは正式な呼称では呼びにくいのと チキリが丸っこいのを総合して「マルミヤ」と呼んでいたと思います。(関西の方とメールの折りにもマルミヤで通じてしまったところを見ると全国共通だったかも)これは現在「宮本武蔵シリーズ」を造っておられる宮本製作所さんのかつての作品です。当然三木市の正式な産品です。ワッシャーは両面、チキリは叩いてあり何より刃の付け方が とても奇麗なのです。主婦の友のテストの時に なんで残らなかったか不思議な出来栄えなのです。この頃は組合に属しておられ肥後守を名乗っておいででしたが その後組合を離れ宮本武蔵シリーズを出されています。寡社独占状態というのは健全な状態ではないと私などは思うわけで 是非戻ってきていただきたいなあ、と思います。意外に入手しにくい個体で、もしもオクに出たら落として損は無いと思います。


登録 肥後吉光 割込 2007年6月Yahooオークションで入手

刃材:全鋼 柄材;クロム 全長155mm 鞘長93mm 刃長65mm 刃幅12mm 刃厚1.8mm 重量28g チキリ切りっ放し

どうも作りの雑な学童用である。吉光と言う名前を調べると○光には秀光 兼光 利光 守光 豊光が三木市や小野市から登録されているが吉光は見当たらない。

柄の刻印は崩し字体で中々味が有るが刃の削りは表裏不対称で先端などはてきめんに削り出しが適当である。チキリも切りっ放しだし廉価版特有の灰白色の刃材で何となく宗近系の印象を受ける。


登録 肥後芳盛 切出刃 二得型 2007年8月オク落札品のおまけで入手 

刃材:全鋼 柄材:銅鍍金 全長143mm 鞘長87mm 刃長42mm 刃幅13mm 刃厚1.8mm 重量22g 両面凡座金 チキリ無 鋸刃はアサリ無 右利用 刃には裏スキ無 鞘後部が栓抜きになった三徳型

三木市ではなくs26-14171で加東郡市場村太郎大夫(現 小野市)から商標登録されている。非常に珍しい切出し型の片刃であり、自分では他に一本保有しているだけ(一刀流謹製)である。ましてや鋸刃に加えて栓抜きまで付属している物など見たことが無かった。極めて珍しい個体である。もしかして付け鋼か?と研いでみたが全鋼であった。入手経路もカスタム肥後を落札した時に一緒にプレゼントしていただいた物で、かなりの錆身ではあったが珍品という事はすぐ解り何とか表側だけは復活させた。写真で解りにくいが柄は「銅鍍金」してあったらしい。ところどころ表面に銅の部分が顔を出している。刻印銘を出す為 柄にブラシを掛けたので刻印銘周囲だけ銅鍍金が取れてしまった。新品の時は不思議な色合いであったろう。時代は恐らく昭和40年までは下らないだろう、と思う。実に珍しい個体である。


正鋼別打肥後正義 2007年2月Yahooオークションで入手 

刃材;全鋼 柄材:クロム 全長150mm 鞘長88mm 刃長63mm 刃幅12mm 刃厚1.5mm 重量21g

かなり使い込まれ表面が摩滅してしまっているが「肥後正義」の文字が見える。手持ちの資料では間違いなく三木市の産品である。資料では「正鋼・肥後正義」となっているが「別打」の文字が読み取れ正義の下の部分にも何か文字が有った形跡が斜めに残っている。入手時のコンディションは最低で錆を落とすと文字まで無くなりそうで これ以上の再生は危険と思い ここで止めた。両面ワッシャーでチキリも叩いて整形してあり 刃は奇麗な状態まで修復してみると かなり素性の良い印象である。何となく、だが肥後隆義の造りに似ているのだが


登録・高級 肥後阿形丸 07年1月末Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長155mm 鞘長90mm 刃長67mm 刃幅12mm 刃厚1.5mm 重量22g チキリ切りっぱなし ワッシャー無し

入手時コンディション最悪でボロボロだった為 ここまで修復するのが限界である。これ以上リューターとブラシを使うと名前ごと消えて無くなる恐れがある。全体から受ける印象は「宗近」そっくりの安物のイメージである。実際刃材は宗近と同じもの。この阿形丸は兵庫県小野市から昭和26年に商標登録を受けている。来住町阿形が登録住所のため阿形丸を名乗ったものだろう。評価としては最低ランクの投げやりな造りとしか言えない造作で、刻印は浅く斜めに歪んでいる。ジョイントピンは細くカシメは殆ど潰されておらず ワッシャーは両面とも無し、チキリはプレス切りっぱなしでヤスリ掛けも省略、刃体はグラインダー痕だらけである。一体幾らで売られた物だろうか?作り手の態度が商品に現れている。


登録・桜の中に博のマーク・高級肥後阿形丸 二得型(鋸付)07年6月Yahooオークションで入手 

刃材;全鋼 柄材;クロム 全長155mm 鞘長86mm 刃長63mm 刃幅12mm 刃厚1.5mm 重量26g 両面凡座金 チキリ無 鋸長:81mmアサリ無

阿形丸は昭和26年に当時の加東郡今の小野市から商標登録されている由緒正しき肥後ナイフである。三木市産でないため肥後守は名乗れない。この個体は しっかりしたクロムメッキが施され刻印も深く鮮やかである。裏面には「工作用鋸付」と刻印されちゃんと両面凡座金が入っている。全鋼(黄紙か?)の刃には「ネイルマーク」が彫り込まれ学童用とは言え非常に丁寧な作りである。桜の中の博の刻印は正式な登録商標名そのもので 博は阿形丸を作っていた方の名前である。上段の阿形丸とはまるで別な会社が作ったもののように見える。


登録商標・高級・肥後富士丸 二得型(鋸付)07年6月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長154mm 鞘長86mm 刃長63mm 刃幅12mm 刃厚1.5mm 重量25g 両面凡座金 チキリ無 鋸長:77mmアサリ無

上記の「肥後阿形丸」と刻印が違うだけで殆ど同一物件である。いささか当該品のほうがコンディションが悪く その原因は恐らくメッキの質が悪い為と思われる。肥後守富士丸という名前は資料にも有り どうやら三木市産の物のようだが非組合員であったのか肥後守名を名乗っていない........どころか どうみてもこれは阿形丸のOEMである。裏面では全く区別が出来ない。出来そのものは悪くないのだが 何となく心根が卑しい感じがしてしまう。もう少し自分の名前の違いを出せなかったものだろうか。


Topmanマーク肥後ナイフ鍛造鋼製 大 2000年10月YaHooオークションで横須賀市の方から入手

刃材:利器材 柄材:クロム 全長175mm 鞘長95mm 刃長73mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量39g

トップマンの名前は柄の上部に虫眼鏡で見ないと判らない大きさで刻印されている。鳩目は細くワッシャーは両面。チキリは叩いて有る。刃は写真で判るかと思うが最後の写真でうっすらと鋼と地金の境界線が直線で認められる。つまり全綱ではない。以前から気になっていたが宮本製作所の「宮本武蔵シリーズ」の最廉価版クロム柄シリーズと外見が実に似ている。五枚目の写真からは比較写真になる。まずチキリの潰し方が2つとも「丸宮」形の丸っこい俵型に整形されている。柄の裏面は「宮本武蔵」には「割込請合」が刻印されているが、トップマンには何も無い。ワッシャーの材質が全く同じ真鍮製である。鳩目は「宮本武蔵」の方が一回り太く頭の部分が半球状になっている。刃材は多分「宮本武蔵」の方が良いか?刃の部分にグラインダ痕が目立つ能登仕上げが良い。刃の形状 ちょっと反り返った様なのが宮本製作所独特の形状である。正直鳩目を隠されて裏面から見たら文字以外の鑑別点は殆ど無い。まず間違いなく「トップマン」は宮本製作所で造られたOEMだと推量する。トップマンというと「名品」と混同しがちだが こちらは故小阪富男氏作ではない。別物ではあるが肥後守・肥後ナイフとして見れば非常に出来の良い物である。最近「特大」サイズの物が地方によっては入手可能とのこと。是非手に取って確認されたい。カネ駒最廉価版より造りは格段に良い。

追記最後の二枚は5000番の水砥石で研いでいる所。これを#10000位で更に仕上げてミラーフィニッシュにしようと企んでいる。


肥後千寿丸 大 黒塗柄 2006年12月 YaHooオークションで入手 

刃材:柄材:全鋼 全長160mm 鞘長90mm 刃長70mm 刃巾13mm 刃厚1.6mm 重量26g

手持ちの資料によると「ナントカ丸」で三木市産品の中には この名称の物は存在しない。造りは明らかに機械で打抜き成形しただけのものである。証拠に各サイズが見事に揃っている。柄の刻印の「高級」と有るが実際はジョイント・ピンも細くワッシャーは表裏とも無し。入手時コンディションも悪くサビ落しで本体まで消えてしまいそうな位である。見た目は宗近の最廉価版そっくりである。


秀?肥後守 大 2006年12月 YaHooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長155mm 鞘長90mm 刃長70mm 刃巾12mm 刃厚2.0mm 重量31g

手持ちの資料で散々探したが小判型の輪で囲った中に「秀」で始まる肥後守が見当たらない。秀の付く肥後守としては「肥後秀光」「肥後守秀(宮)」「肥後守金秀」「菊秀」「東秀正」「肥後一秀」「肥後敏秀」等々が存在するのだが全てマークの形状が異なっている。肥後守を名乗っているからには三木市産品と考えたいのだが 該当する名称のものは見つからない。この個体だがワッシャーは両面に入り チキリは叩いてある。本来刻印は深く刻まれていた様だが保存が悪く 斯様な状態となっている。鞘の状態は悪いのだが 刃は前ユーザーが研いでおられたらしく とても良いコンディションである。由来を知りたい個体である。


角久?肥後守 大 縦折り 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長143mm 鞘長83mm 刃長62mm 刃幅11mm 刃厚2.0mm 重量26g

コレクタの方から譲り受けた縦折でも特に状態の良い肥後守である。柄のマークは騎馬の刻印と角形の枠内に「久」の字、(多分ウマのクツワの印だと思う=本当だと右下にドットが有る筈だが)高級肥後守と掘られている。このマークを持つ肥後守は手持ちの資料には見当たらない。これだけ印象的な刻印なのに「騎馬像」も「クツワの中の久」も資料に無いのだ。造りが非常に良く 普通は曲げっぱなしの柄の折り曲げ部分も奇麗にヤスリがかけられ、ワッシャーは表裏二面でチキリも丁寧な仕事がしてあり 刃もグラインダ痕などは見られない。コンディションは大変に良く 流石にコレクターの所有していた物は違うと感じた物。しかし由来が解らないのが残念で 現在鋭意調査中である。


肥後虎徹 大 2006年12月 Yahooオークションで入手。

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長184mm 鞘長106mm 刃長80mm 刃幅14mm 刃厚3.0mm 重量52g

入手時コンディションは良くなかったが、造りが非常にしっかりした製品である。柄材のクロムメッキが殆ど剥げてしまっているが 柄は分厚く鳩目も同クラスの製品よりも一段太いものを使いワッシャーも表裏二面に入っている。刃体にグラインダー痕が殆ど無く全鋼の上に分厚い刃体を持っている。さぞかし三木市の製品かと思い資料を漁ったが該当するものが無い。名前からすると「長曽根虎徹」由来なのか近藤勇の愛刀に因んだ名前なのか....刀工としての虎徹ならば東京の製品なのか、造りが良いのに由来が解らない残念な個体である。


登録山長 肥後英光 小 2007年8月入手 

刃材:全鋼 柄材:真鍮 全長137mm 鞘長80mm 刃長57mm 刃幅11mm 刃厚1.8mm 重量14g

チキリ穴無 座金無

正真正銘 三木市から登録されている肥後ナイフである。三木洋刀組合には属していなかったらしく肥後守は名乗っていない。我々の世代だと よく女子が持っていたのが このタイプだった。チープな造りであるが真鍮鞘でありコンディションも悪くない。


登録三和高級肥後 2007年8月Yahooオークションにて入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長155mm 鞘長90mm 刃長74mm 刃幅12mm 刃厚1.7mm 重量27g

チキリ穴無 両面凡座金

少々作りが安っぽく見えるがれっきとした戦前からのメーカーでSANWAという横文字で昭和13年に商標登録されている(加東郡市場村 現在の小野市市場町)。元来こういう個体はどことなく安っぽく手抜きされている物が多いが 刻印などを見ると実に細いラインも奇麗に彫られている。チキリは軽く叩かれており開閉動作は実にスムースである。残念なのは熱処理がいい加減で砥石で研ぐと5往復位でサクサク削れてしまい 何が何だか解らないラインになる。印象は100均の包丁と研ぎ心地が似ている。すぐ研げるが全く保たないタイプである。これはいつごろ制作されたのだろうか?子供相手とは言え 評判は悪かったのでは?


正鋼別打 獅子王丸 大 2006年12月 Yahooオークションで入手

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長160mm 鞘長90mm 刃長72mm 刃幅12mm 刃厚1.5mm 重量25g

入手時のコンディションが かなり悪かったが、錆を落とすと表側には「向かって左側を向くライオン」の印と達筆?の草書体で獅子王丸の刻印。裏側にいたっては何と書いてあるのか読めない位の達筆で......sigh。ワッシャーは表裏二枚入っておりチキリも奇麗に整形してある。前のユーザーが丁寧に研いで使っていたらしく研ぎ減りしているが反り返った角刃で作りは悪くない。資料で探すと間違いなく三木市の産である。もう少しコンディションの良い個体なら裏面の刻印も解ると思う。

2007年8月入手

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長163mm 鞘長90mm 刃長75mm 刃幅13mm 刃厚2.2mm 重量31g チキリ穴無 両面凡座金 左向きのライオンのマーク

この個体はYahooオークションのオマケで入手した物。上記の個体よりも製造年代が古いらしく柄が厚い。裏側の草書体の刻印銘が何と掘ってあるのか上記の物ではコンディションが悪すぎ読めなかった。今度の物は刻印がはっきりしているのだが私の読解力不足で読めないのであった(;_;)一応解る部分は一番上の「彫」右側列の「宮崎作」である。この肥後守を造った方であろうか?獅子王丸には類似の物として「獅子王丸一守」という物が有り こちらは桜の中に「や」の字のマークで「本刃付」が区別ポイントである。獅子王丸一守も三木市の産であるが まだ入手できていない。


壺(瓶?)「ト」肥後守正鋼・別打・登録 大 2006年12月 YaHooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長171mm 鞘長97mm 刃長75mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量32g

かなり明瞭な刻印と、造りの実にしっかりした堂々たる肥後ナイフだが三木市の資料やサンプルリスト、公報から確認出来ない謎物件である。明瞭な壺(あるいは瓶=カメ)の刻印に片仮名の「ト」は見誤り様が無い。食品関係や染色業では良く使われるマークだが 利器系では珍しいと思う。ワッシャーは表裏とも入り軽くサビ落しをしただけで ここまでコンディションが回復したのは素性の良い証拠だと言える。堂々と肥後守を名乗るだけの品格の有る個体だと思う。後日数本の肥後守&肥後ナイフを入手した際に一本の特大サイズの壺トが含まれていた。表面の非常にコンディションが悪い中でも刃だけはベストな状態で残っていた。廃棄処分は無念なので現在修復作業を実行中である。修復作業で砥石を当てた感触はこの個体と違っていて相当きっちりした熱処理された利器材であった。巧く修復出来たらYahooオークションに出品しようかと企てています(^.^)


ニイタカナイフ 2006年12月YaHooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:鉄 全長142mm 鞘長85mm 刃長55mm 刃巾12mm 刃厚1.6mm 重量15g

恐らく昭和30年代頃の学童様ナイフである。このページの下の方にもスポーツマンナイフ等を掲載してあるが それより格段にパチ物の香り漂う個体である。ワッシャー無し、ジョイント・ピン極細さらにロックも無いのにブレードに貧相な「ネイルマーク」が彫ってある。しかも刃を柄に格納すると ネイルマークも中に引っ込んでしまい役に立たないのが御愛嬌である。柄の裏面には、筆記体で(しかも達筆!)niitaka knifeと刻印されている。多分造った側の複雑な想いが隠った命名なのであろう、「ニイタカヤマノボレ」が何を意味するか皆知っていただろうから。これまた三木市産品ではなく商標登録もされていない。


Sun-up 高級肥後司4.0 2006年12月YaHooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長152mm 鞘長91mm 刃長68mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量26g

非常に珍しい横書きの刻印銘を持つ肥後ナイフである。この個体は三木市産品ではないが 正式な肥後守でも横文字の製品が幾つか知られている。この個体で もう一つ変っているのは刻印の打たれている面が一般的な物では裏面になる事である。普通はチキリを向かって右上にした縦位置が正面であるが これは横位置にする為通常の裏面が正面を向いた恰好である。別に決まりは無いと思うが ワッシャーが普通の肥後守で言う「表面」だけに有るから話しが面倒である。つまりこの個体では裏面のみワッシャーなのだ。ジョイント・ピンは細くチキリは切りっぱなしで一般的学童用肥後ナイフである。名称が何となく大陸系の「公司」っぽく、バージョンでも意味しそうな4.0という数字の意味も不明である。


本家 肥後守誠晴大 縦折り 

刃材:利器材 柄材:クロム 全長170mm 鞘長95mm 刃長74mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量32g

中々出来のしっかりした「肥後守」を名乗る縦折りである。手元の資料で類似のマークや「誠晴」の名前が無いかどうか確認したが、三木市産品の中に この個体銘での登録物件は発見できなかった。ワッシャーは表裏二面に入り チキリは奇麗に整形され、刃も軽く砥石を当てたところ全鋼ではなく利器材のラインが出現した。柄材も分厚く その為に刻印が浅くなってしまったものと推量される。刃にグラインダ痕は殆ど無く とても丁寧で造りの良い肥後守である。堂々と「肥後守」を名乗り これだけの造りである。資料の記載から漏れてしまった物だろうか。とても良いものである。

2007年8月御指摘を受け「本家」と判明 修正いたしました。


ビーバー肥後特級  2006年10月YaHooオークションで都内の方から入手 

入手当時の姿

修復後

刃材:全綱 柄材:クロム 全長152mm 鞘長89mm 刃長67mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量25g

見るからに学童用という佇まいの肥後ナイフ。入手時はサビが付着しており ざっとリューターにサビ落し用の化繊で出来た専用アタッチメントを付けてサビを落し#300#1000#5000と番手を上げて水研ぎをした。刃体は何処かで見た様な灰色の材質で、300番で研いでも消えないグラインダ痕を見ると「宗近」のOEMで間違いないと推量する。しかも刻印側の刃は平面に成形してあるが裏側は蛤刃でも無いし平面でも無いし訳の判らない刃が付いている。研いだ後も裏面がおかしいのは面の保持が難しい為である。閑話休題:鳩目は細くワッシャーは片面、潰しも甘い。チキリは叩いておらず打抜いただけ。柄の刻印は丸印の中でビーバー?が向かって左側を向いて何か齧っている図。まず間違いなく宗近OEMだが このブランド名は初めて聞いた。三木市の資料には名前は載っていない。


鋼割込・丸賢登録肥後守  2006年9月YaHooオークションで鹿児島の方から入手

刃材:利器材 柄材:鉄/縦折 全長179mm 鞘長100mm 刃長82mm 刃巾13mm 刃厚2.7mm 重量44g チキリ穴無

丸の中に「賢」のマークを持つ肥後守は資料で確認したが三木市産品では無いようである。柄材が1.2mmの鉄板で相当重くガッチリしており、縦折りの弱点である歪み、曲がりは相当乱暴に扱わないと出ないと思う。どういうわけか この個体は「菊座金」が表裏とも使われている。前オーナーが相当使い込んで研ぎ減りしており 更にフラットグラインドに改造してある。入手時はサビサビだったがリューターと砥石、青棒等々総動員で ここまでリペア出来た。中々しっかりした造りの肥後ナイフである。この個体は鹿児島の方からオークションで落札したのだが 鹿児島は謎物件の宝庫である。どう見てもカネ駒よりも出来の良い聞いたこともないメーカーの縦折り肥後ナイフが有ったり 厚さ2mmのステンレス柄に3mmの利器材の刃が付いていたり 目が離せない物が多い。


丸で囲んだタクミのマーク・肥後ナイフ 大 2006年9月YaHooオークションで鹿児島の方から入手

刃材:全綱 柄材:クロム 全長152mm 鞘長90mm 刃長65mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量25g チキリ潰さず

学童用肥後ナイフの典型的なものである。刃が薄く全綱でチキリも切りッぱなしである。ワッシャーは表面だけに入っていて鳩目も細い。ただ このタクミのマークが三木市産品のサンプルリストには載っていない。恐らく鹿児島ローカルの品物ではなかろうか?宗近や王様の灰白色の刃材よりも良い物を使っている。


登録(桜に吉のマーク)肥後宗吉 特大 YaHooオークションで埼玉の方から入手

刃材:利器材?柄材:鉄(元は黒塗り)全長215mm 鞘長120mm 刃長95mm 刃巾16mm 刃厚2.2mm 重量61g 両面ワッシャー チキリ穴無 商標公報363458

これは文献に記載の有るれっきとした品物であるが、加西郡加茂村という三木から離れた所で造られた為肥後守を名乗れなかったもの。入手時は殆どサビの塊になっておりリューターにサビ落し用の特殊パーツを付けて塗膜片ごとコソギ落とした。サンドブラスターが有れば迷わず使っていた。状態は兎も角素性は悪くない。刃厚と重量を見て貰えれば判ると思う。特大型は比較的近年の物なので昭和40年あたりの物かと思う。それでも40年以上経過している。まだ仕上げていない状態でお目にかける次第である。

別バージョンのもの「中」

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長145mm 鞘長82mm 刃長65mm 刃幅10mm 刃厚1.6mm 重量15g チキリ穴無し 両面ワッシャー

上記の物よりも後から造られたらしき学童用の「中」サイズ。かなり造りが荒くサビ身だが それでもワッシャーは両面だし チキリも丁寧に叩かれている。


登録・肥後秀兼・高級 大 YaHooオークションで埼玉県の方から入手

刃材:全綱 柄材:鉄 全長162mm 鞘長86mm 刃長66mm 刃巾12mm 刃厚1.8mm 重量23g ワッシャー無 三木市の肥後守サンプルリストに名前が確認出来る。

物は学童用のワッシャー無しの個体であるが、チキリは一応叩いてある。入手時のコンディションは中の下か下の上といった処だったがサビを落しリューターにペーパーホイルを付けた中間仕上で ここまで回復した。恐らく組合に未加入のため肥後守を名乗れなかった物の一つだと考えられる。昔の学童用は仕上げも丁寧だったのか刃打ちもせず実にスムースに開閉する。昭和40年代にかかる位の物かな?と考えている。


登録・肥後風雲児・二得型肥後ナイフ 大 宗近OEM  YaHooオークションで入手

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長152mm 鞘長90mm 刃長65mm 刃巾12mm 刃厚1.5mm 重量20g

オークションに出展されていたものを落札。こういうニ得型とか三得型とかに覚えの有る方も多い筈。子供たちにしてみると他の子の肥後守より 道具や刃が多いだけで 役立とうが無駄だろうが欲しくなるのです。私の「肥後守初体験」は四得型肥後守でした。中には栓抜きが付いている物とか、変ったのでは柄の後端部が「ラムネ用栓抜き」になっている物が有りました。(単に細くなっているだけ)

画像の下の方が最初に入手した より古いもの。柄の刻印が細く深く明瞭に打たれています。上の新しい物は刻印がボヤケ、浅い広い字になっています。これにはチキリが有りませんが紛う方なき肥後守です。この型の物はチキリが有ると、鋸刃を使うときに邪魔になるのです。柄の銘には「肥後風雲児」と型押しされていますが 宗近OEMです。兵庫県産ですが三木市ではなく小野市の産です。灰白色の妙にザラザラした印象が独特の全鋼です。上は恐らく昭和三十年後半?の物と思います。このノコギリで何か切れるか?というと ランボーナイフ1〜2のセレーション並に何も切れません。というのも鋸刃に有るべき「アサリ」(鋸刃を左右に一枚づつ曲げ切りやすくする)が全く無いのです。それと風雲児の鋸刃は 半端な角度で止るのが正常です。

この手の二枚刃や三枚刃には別な意味が有るそうで「鋸が三木市や小野市の名産」「鎌は小野市の名産」と地場産業と結びつけるアイデアだったというのである。これは或る成書の記載。

実際に小型の鎌刃だけの「まつ・つる」がYahooオークションで08年2月に出品されていたのを見たし、自衛隊勤務の経験の有る方が「小型折畳みの鎌は擬装に使う」と2chに書いておられた。成程単なる地場産品のアイデアだけでもないのだな、と。いや実用品だと思ってなかったんで新鮮でした。


肥後の王様  YaHooオークションで入手。中には10本中6本が残っていた

刃材:全綱 柄材:鉄 全長169mm 鞘長98mm 刃長72mm 刃巾13mm 刃厚2mm 重量35g

例え「昔から有り」「名前がちょっと偉そう」で「AMAZON.comみたいな一流店が扱って」も「ダメ肥後」は駄目肥後なのだという「肥後の王様」二本です。肥後ノ王様は「播州の住人が鍛え」とあり 兵庫県小野市から昭和31年に商標登録されていました。 この資料をを入手した事で長年の謎「柄の名前の上の押印は何?」という疑問が氷解しました。トランプのキングが左側を向いている姿だったのです。刻印が斜めに押されていたり半分しか無かったりで一向に何だか判りませんでした。この二本も 決してコンディション最悪というわけでもないのに 柄の刻印が非常に読みにくい、いや読めないのに近い。正直、新品購入した個体とオークションで落とした個体と、そのオマケのサビサビ混じりのジャンク品とに余り差が無いのです。

一枚目右側のマットブラックの物がやや古い方で、入手字の紙箱には「切味保証」の他 鉛筆で「200円」と薄く書いてありました。私が子供時代、つまり昭和38年から45年ごろだと50円以下でしたから恐らく昭和の末期の価格設定かと思います。しかし良く残っていたものです。肥後の王様は現在も販売されていますし 下の方に今販売されている物も載せていますが、昔から造りが悲惨で「宗近肥後ナイフ」や「肥後隆義」とほぼ同じ価格帯だったのですから なぜ自然淘汰されなかったのか不思議です。もう一つ不思議なのは現在売られている「肥後の王様」には「角理」のマークが入っていますが この「肥後の王様」には「角理」の名前が有りません。元箱にも制作した会社名や角理の商標が無いのです。「登録 肥後の王様 割込」という図版が載っているだけです。現在売られている物と血縁関係が薄いか無いのかも知れません。王様は昭和31年に兵庫県小野市から商標登録されています。それから このサイズの学童用肥後ナイフは「駄目肥後」ですが、「折込式接木小刀」「「ナイフ付花鋸」と名乗る多得型の大型サイズ肥後ナイフは造り込み具合が全く違い(下請け会社が違うのでは?)1500円程度までなら購入する価値が有ります。YaHooオークションで時々見掛けますね。


肥後浮丸特級 :2006年1月YaHooオークションで入手。前所有者は、30年位前に入手したものとの由。

刃材:利器材 柄材:真鍮 全長170mm 鞘長95mm 刃長80mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量40g

肥後浮丸特級は「宗近肥後ナイフ」のOEMです。これは東京の事務問屋ウキタ商事が 宗近に製造依頼した物。コレクターの間では かなり著名なものです。鉄柄のものが多いそうですが 私の所有するのはご覧の通りの真鍮柄です。生産中止になって久しく滅多にお目にかかれなかったのですが何故か最近YaHooオークションで多々見掛けるのですが ほとんどが鉄柄黒鞘のもので真鍮柄は見掛けません。大きさはカネ駒でいうところの「大」に該当するサイズである。三枚目の写真で上に有るのが肥後浮丸特級。真ん中が肥後浮丸で一番下が肥後浮丸のOEM元の肥後隆義です。全体の造り込みはしっかりしていてチキリも叩いて丁寧に潰してある。刃材は宗近特有のザラザラしたものではなく 却って本家の宗近より、こちらの方が良い。座金はアルミのワッシャーであるが表裏とも付けてある。カネ駒よりもジョイントピンが少し細く 刃を開いた時に刃が反り返る様なアングルで止る。畳んだ時に刃が柄から少し出る。薄手で食い込みの良さそうな刃付がしてあり全体的に品の良い丁寧な造りという印象を受ける。真鍮柄の刻印は 少し浅い。


登録割込肥後浮丸特級大・紙箱入デッドストック 2006年11月 YaHooオークションで入手

刃材:全綱 柄材:黒塗鉄 全長160mm 鞘長93mm 刃長70mm 刃巾17mm 刃厚1.5mm 重量26g

上記の個体と別バージョンの肥後肥後浮丸特級である。箱入でビニールでパッケージされ「300円」の値札が付いている。しつこく書くが「特級」は宗近のOEMであり「肥後浮丸」は肥後隆義のOEMである。この個体のチキリを見ていただければ「成程」と思っていただける筈。切りっぱなし、なのだ。一応刃は宗近よりも丁寧な仕事がされているが ワッシャーは片面でジョイント・ピンは細い。300円という価格だが「宗近」の名前だったら恐らく200円相場だと思う。紙箱裏面にはバーコードが印刷されていたので ごく最近の作であろうことは間違いが無い。しかし これを300円で買うなら 同じ金額の廉価版カネ駒か肥後隆義のほうが良いと思う。


登録割込・肥後浮丸特級・小 2007年6月Yahooオークションで入手 

刃材;全鋼 柄材:クロム 全長112mm 鞘長63mm 刃長49mm 刃幅9.5mm 刃厚1.6mm 重量14g チキリ穴無 両面凡座金

上記の物のサイズ違いということになるが 浮丸特級に小サイズ(豆サイズより一回り大きい)が存在するのは知らなかった。柄の刻印も深く切ってありチキリも叩いてあり刃もきちんと削られていて実用にキチンと耐える作りである。小サイズを作っていたメーカーは少なく その意味でも貴重品である。なにしろ小さいため無くしやすく残りにくいのである。


肥後浮丸 :YaHooオークションで入手したデッドストック物

刃材:全鋼 柄材:鉄 全長165mm 鞘長98mm 刃長74mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量32g

この肥後浮丸は肥後隆義のOEMである。肥後浮丸特級をコピーした様な名前だが、これが調べたところ、1980年代に「肥後隆義」の藤原刃物製作所に前出の問屋のウキタが製造依頼した物。つまり肥後隆義のOEMだったのです。特級が付いているから高級 無いのは?という訳ではないのです。「肥後浮丸」は今でも田舎の荒物屋で500円以下で販売されている場合がありますので 見つけたらお買い得品と言えます。これはデッドストック物で紙箱まで完形で残っていました。YaHooオークションでも肥後浮丸特級は良く出ますが肥後浮丸は滅多に見掛けません。造りは肥後浮丸が良いように思います。四枚目の写真は肥後浮丸とOEM元である肥後隆義の類似に御注目下さい。

箱に「安来鋼」の文字が有るが 全鋼である。チキリは少しだけ叩いてある。柄に「割込」と刻印してあるが 資料には「全鋼」とある。また資料にはチキリに穴が有ると記載されているが この個体には穴はありません。


肥後瓢箪王 特大 昭和50年頃 私が学生時代、金沢で購入したもの。価格失念

刃材:全鋼 柄材:クロム 鞘長117mm 刃巾18mm 刃長90mm 刃厚2.5mm 重量55g 

私のバイク用道具箱の中から出てきた物。最低でも購入してから20〜25年は経過している物。発見時は錆だらけの悲惨な姿だったが リューターやらバフやら総動員で何とか復元した。おかげで大分「研ぎ減り」した。医学生時代を過ごした金沢で購入しているので、恐らく30年近く経過している。問題は「銘の刻印」が読めなかったのです。漢和辞典まで引っ張り出し ネット検索をし、解読成功。しかし刃物に「瓢箪(ヒョウタン)」とは これ如何に?それはともかく質感や見た目が(ジョイントピンの留め方)が宗近に似ていますが柄材が宗近よりも薄い印象で、刃先の形状が剣型 カーブがきつく収納時に完全に刃が柄の中に隠れません。宗近にしては造りが丁寧です。カネ駒製元祖肥後守は 畳んだ状態で刃が柄の中に完全に隠れてしまいます。多分どこかのOEM製品だと思うのですが。実物は相当研ぎ減りし 刃巾が大分減っているようです。私の持っている資料には名前は載っていますが詳細は不明、三木市の産と言うことだけは間違いないようです。


NEW肥後守 Gサカイ  682円

刃材:440ステンレス 柄材:プラスチック 全長170mm 鞘長100mm 刃長65mm 刃巾15mm 刃厚2.2mm 重量30g 

I.C.CUTが新しい肥後ナイフを創るなら、と洋式ナイフ老舗の「仕事気キチーリ」で有名なGサカイ社が創った現代版肥後守。値段が682円なので関刻刀と同じように考えちゃいけませんが 本来の肥後守は「安価」が大事なファクターでした。そういう意味では このアプローチは「あり」です。実際に子供に持たせると意外に(失礼)関刻刀よりNEW肥後守に人気が有ります。子供の手だと滑り止めの加工のしてあるNEWの方が使いやすいそうです。プラスチックに金属ピンを直接留めている分 耐久性には問題が有るのでしょうが Gサカイ社の長年の経験を信じます。なんせ「G」はガーバーの「G」だし。(でも全体はBUCKライトにも似てるかも)大量に小学校等に納入できれば色々な意味で良いんですが。写真だとチャチに見えますが実物は全然安っぽく有りません。軽いけれどしっかりした良い造りです。だけど子供相手の商品であるなら古典的「チキリ」のサイズには疑問が有ります。握力の弱い子供なればこそ 長めで巾の有るチキリにすべきではないでしょうか。夢中になって力を入れると子供の握力だとチキリを押さえ込めない様に思います。せめてハンドル巾で長さも12〜15mm有ると特化した子供用肥後守だと言えると思います。ハンドルの色が三種類(黒 赤 黄)ありますが刃先の形状は全て一般的な「角形」です。

これは大阪の實光(じっこう)包丁さんに御世話になりました。


登録商標・高級明星肥後 桜の中にNO1のマーク有り。YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:鉄(本来は黒塗り鉄?)全長165mm 鞘長95mm 刃長70mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量41g ワッシャーは両側に有り。チキリ穴無

コンディションが相当悪いが 前所有者が「油漬け」にしたままだった為だろう。刃の状態は悪くない。もっとも灯油に三日ほど浸漬した後で この状態である。全綱で大形サイズの学童用と思うが非常に良心的な造りで、刃先に小刃を付けず研ぎやすくしてあり チキリも叩いて潰してある。何かをコジって刃先を欠いてしまってあるが 研いでみると相当しっかりした焼き入れが施してあり グラインダ痕が殆ど見られない。兵庫県三木市の産であるが資料にはチキリに穴有りとなっているが この個体には無い。

高級「桜の中にNO1マーク」明星肥後 別バージョン 06/11YaHooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長134mm 鞘長78mm 刃長57mm 刃巾11mm 刃厚1.5mm 重量12g

こちらは中?サイズの個体である。ワッシャーは両面「無し」チキリは叩いてあり刃は一応研いでから出荷したようである。この個体は新品のままのものでサビ一つ無い奇麗な状態である。実は どうにもならない程 酷いコンディションの「明星肥後」も有るのだが「漫画の吹き出しの中にNO1」のマークであり、登録されたマークも どうやら二種類有るらしい。この個体は学童用の造りであり 刃にも段差が有ったり刻印が不鮮明だったり、上記の物に比べると雑な印象を受ける。不景気時代か刀狩後の作なのだろうか。

no1明星肥後特級 2007年9月 都内の方から入手 

刃材:全鋼 柄材:真鍮 全長122mm 鞘長73mm 刃長51mm 刃幅9mm 刃厚1.8mm 重量11g

チキリ穴無 座金無

小形の真鍮柄でサイズは小になる。刃は丁寧に作られており錆に侵されていないので後日研ぎ上げてみたい。チキリを叩いておらず座金が無い等 学童用廉価版の体裁だが真鍮柄で横折の珍しい肥後ナイフである。これも三木市産品だが組合非所属のため肥後守を名乗っていない。昭和30年代後半〜40年前半の製造だと思う。


登録・スピード・割込肥後常盛 2007/6Yahooオークションで入手 

刃材:割込利器材 柄材:クロム 全長155mm 鞘長87mm 刃長72mm 刃幅13mm 刃厚2.0mm 重量29g チキリ穴無 両面凡座金

下に有る物の高級版である。常盛は三木市の隣の「小野市」の産物として商標登録されている。その為「肥後守」を名乗れないが随分しっかりした作りである。刃のグラインダ痕が目立ちすぎるが これを研ぎで消して平研ぎにすると見違えるような逸品になるのだ。

登録・スピード・割込 肥後常盛 YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:鉄 全長143mm 鞘長83mm 刃長60mm 刃巾11mm 刃厚1.8mm 重量20g ワッシャーは両面 チキリは叩いて潰してある、穴は無い。

一回り小型の肥後ナイフ。昭和30年頃のものか「登録商標」ではないのである。柄の刻印に「割込肥後常盛」とあるが「割込」ではなく全綱だったり グラインダ痕が無く かなり熱処理がきちんとされた硬い研ぎ味だったり出来自体は決して悪くない。

追記)これは兵庫県三木市で昭和27年に意匠登録されている。肥後常盛の名前が昭和26年に登録されている。


登録本家 ハリマ肥後  2006年9月YaHooオークションで鹿児島の方から入手

刃材:利器材 柄材:鉄 全長175mm 鞘長98mm 刃長80mm 刃巾13mm 刃厚2.5mm 重量42g チキリ穴無

実は下に同じ名前の「ハリマ肥後」を掲載してある。しかしよく見て下さい。重さが2倍近く異なります。資料によると登録本家「ハリマ肥後」は昭和26年「加東郡来住町阿形」(現在の小野市)のK氏から商標登録されている(s26-1269)下記完品紙箱入りのものと この写真の個体を比べると余りに出来が違うのである。まず刃厚が分厚く 刃材も違う。証拠は重さの違いに現れている。ワッシャーは両面に入り 柄材もガッチリした造りである。どう見ても全くの別物である。入手時の状態は御世辞にも良くなかったが ここまで復元できたのも 元がしっかりした物だからこそである。作られた時代の差異なのか 同一ブランドには思えない位の違いである。


登録本家 ハリマ肥後  06年2月YaHooオークションでコレクタ氏から入手

刃材:全綱 柄材:クロム 全長161mm 鞘長92mm 刃長71mm 刃巾12mm 刃厚2.0mm 重量27g

見た目は「廉価版学童用肥後守」と そっくりである。だがチキリは叩いて潰してあり ジョイント・ピンは細目。ワッシャーは入っていない。しかし比較的仕上げは良い。今どきの学童用とは比べ物にならない。この個体は全綱打抜で重量が軽い。上記掲載の物よりも明らかに後から作られており 生き残るために作りが粗悪化していったのかもしれない。


登録商標 新吾肥後小刀 宗近OEMをシールで隠蔽 特大452円・大263円

特大)刃材:利器材 柄材:ステンレス 全長205mm 鞘長120mm 刃長90mm 刃巾16mm 刃厚2.2mm 重量57g チキリ穴無

大)刃材:利器材(刃物綱使用と記載) 柄材:ステンレス 全長160mm 鞘長87mm 刃長70mm 刃巾14mm 刃厚1.5mm 重量29g チキリ穴無

近所にある大型ホームセンターで見つけたもので、新潟県三条市の(株)坂井商会という会社が販売したもの。大小二種類の製品がありました。ブリスターパックには「新吾 肥後小刀」120mmと同90mmと書いてあり新吾登録商標です。鞘(柄)に薄い金属シールが貼ってあり刻印の代わりになっています(写真参照)。パックには「手作りの逸品」「切り味爽やか」「極上保証」と書いてあります。「特大」の方がチキリを叩いて潰してありますが「大」は単なる型抜きのままで、180度まで開きません。写真を見れば一目瞭然です。特大は反り返る様なオープンの仕方です。ヒンジピンは径2mm。表と裏で刃のラインの高さが違ってます。ブレードはご覧の通りでグラインダー痕が目立たず 価格の割に丁寧な仕事です。柄や峰も切りっ放しにせず、ちゃんとヤスリ掛けされています。切れ味はかなり良好ですが刃持ちは悪そうです。

写真を見て「ん?どこかで見た様な特徴だな。」と気づいた方はエライ。実は両方とも「宗近肥後ナイフ」なのです。シールを剥がすと宗近の刻印が現れます。私も これだけ色々収集しましたが「ステッカー・チューン」のナゲヤリOEMは初めて見ました。車ならステッカーだけGTRとかのナンチャッテ仕様は見掛けます。「新吾」ですが特大と大は同じ宗近でもベースになったシリーズが違います。柄に切り込みが無く、チキリが叩いて潰してある高級版?が有るのです。この頁の直下に証拠写真が有ります。高級版は180度オープンします。何故組合せを違えたかは不明です。ブリスターパックを良く見ると「Making Series」「物造りシリーズ」と書いてあり特大がNo14、大がNo13となっています。「物造り」を名乗るならステッカー・チューンは止めましょうね。残りのNo.1から12って何でしょうか........気になります。

宗近肥後ナイフは、全国的に一番流通している肥後守。多種類がありますが315円(今年から420円)の黒鞘大サイズとステンレス柄の特大サイズがほとんどです。兵庫県加東郡社(やしろ)町の製品。問屋さんがしっかりしていて、小さな雑貨店にもあります。問屋のルートに よって事務・文房具店には「銀峰肥後ナイフ」として、学校横の文具店には「千代田肥後ナイフ」として流通しています。チープな肥後守として懐かしさがこみ上げるだけの作りです。コレクター的には「コンプリート」(完全制覇)するのが厄介なメーカーです。

※注意!宗近=備前守宗近=肥後常正=新吾肥後小刀=銀峰肥後ナイフ=千代田肥後ナイフ=肥後千代田丸=肥後風雲児=肥後肥後浮丸特級 etc製造元は同じです。


登録宗近肥後ナイフ(中)ホームセンター仕様

刃材:全綱 全長160mm 鞘長93mm 刃長68mm 刃厚2.0mm 刃巾13mm クロム鞘 重量28g 263円

この宗近は最初から「宗近肥後ナイフ」を名乗っていました。一枚目は同じ宗近の「大」との比較です。同じメーカーで作ったとは思えない雑....いや素材を大事にした出来です。刻印が斜めに当たった様で文字が一部霞んでいるのは御愛嬌。とても同じシリーズには見えません。丁寧な造りの方が「新吾」とかいう名前のシールを貼られ 何でこの悲惨な代物がオリジナル商標の「宗近」なのか判りません。普通 逆では?

二枚目で刃の光具合を見て貰えば判りますが「なんちゃって つや消し仕様」利器材をプレスで型抜きし、グラインダーを当てたら一丁上がり?ちゃんと焼き入れしたんかい?という感じ。どこにも加熱した痕跡が無い位 素材を とても大事にしてます。

三枚目を見れば判りますが「やっつけ仕事」いや「手慣れた作業」なもので プレス型抜きの設計図も変なのか?チキリが縦方向に厚すぎマトモに刃がオープン出来ません。「なんちゃってドロップポイント仕様」ですね。いや「なんちゃってククリ」か?「大」はチキリをちゃんと平たく潰してあります。つまり「利器材型抜きそのまま仕様」です。すごく素材を大事にしていますね。もしかして単に潰すのを忘れただけか??

四枚目で元祖「カネ駒青紙割込」と比べましたが もう一目瞭然で造りの悪さが判ります。

5枚目で刃のアップです。刃厚が2mmとカッター並に?薄く 切れ味は悪くありません。刃持ちは押して知るべしですね。子供時代に学校横の「何でも屋」で買った20円の肥後ナイフを思い出しました。ジョイントピンは細く 単に針金の両側を叩いた感じ。表には有るワッシャーも裏(刻印の無い側)は省略し、ピンを潰してオシマイ。裏からポンチで軽く叩いたら抜けますよ、これは。まあ263円のナイフに多くを求めませんが すこぶる投遣りな侘びしい風情を感じます。これを買うなら安売りカッターナイフの方がナンボかマシです。子供時分には孟宗竹を肥後守で割った上 刃を上から石で叩いて竹ヒゴを作ったりしましたが この肥後守で同じ事をしたら一発で壊れますね。


登録宗近肥後ナイフ 別バージョン 05年12月コレクタ氏からオークションで落札したもの

上3本=刃材:利器材 柄材:ステンレス 全長170mm 鞘長108mm 刃長75mm 刃巾14mm 刃厚2mm 重量28g

下一本=刃材:全綱 柄材:クロム 全長161mm 鞘長83mm 刃長70mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量30g

何本かまとめて落札したモノの中に4本の宗近が含まれており うち一本は柄材がクロムである。左写真最下段のもの。写真の写り具合ではない。以前から所持していたものと比較してみると大きさ・材質の違うもの2点が含まれていた。最後の写真で良く判るが 以前から持っていた二本はシリーズの違う仕様だったようである。これは柄の部分に凹みが有る事から明確である。上から一本目と三本目が どうやら高級版らしくチキリも潰してあり全体の造りも丁寧である。刃の形状は似ているがきっちりしたストレートグラインドであり刃も180度きちんと開く。宗近は入手しやすいブランドだが 大きく分けて二種類が流通しているわけだ。価格が余り変らないので見分け方(高級版)を書くと チキリ部分が黒く潰されている方が高級版、型抜きのままの物が普及版である。もしオークションを見ていなければ一層偏見を持つところだった。


登録・宗近肥後ナイフ 特大・黒鞘 06年2月YaHooオークションでコレクタ氏から入手

刃材:利器材 柄材:黒塗装鉄 全長207mm 鞘長117mm 刃長90mm 刃巾17mm 刃厚2.0mm 重量56g

宗近特大版の黒鞘仕様。チキリは叩いて潰してある。ジョイント・ピンは細目だが表裏ともにワッシャーが入れてある。刃体は三層の利器材らしくしっかりした造りの物である。ホームセンター版の「特大」の色違い版であろう。宗近ブランドは色々なバージョンや親戚が多く存在するので 収集していると どれが持っている物だか判らなくなる。またよく見ると柄が同じで刃材が違ったり 名前だけが違っていたり、と難しい。宗近系の肥後ナイフは「特大型」サイズが少ない。大抵が「大」サイズでクロム柄である。また「超高級版」とか「特殊版」みたいなものを見掛けない。徹底して学童向け廉価版を造っている。


登録・宗近肥後ナイフ 別バージョンの上デッドストック物(箱裏に250円+消費税5%=262円の値札有り)

刃材:全綱 柄材:鉄 全長160mm 鞘長91mm 刃長70mm 刃巾13mm 刃厚1.8mm 重量28g

デッドストック物をYaHooオークションで入手、箱に250円/262円つまり5%消費税分が乗せられた値札が付いている。消費税が5%になったのが平成9年4月であるから約9年前から?の物である。廉価版の常として チキリは潰されておらず刃も180度まで開かない。しかし これが262円..........?あれホームセンター仕様と同じ価格か!こっちのほうが優雅に見える。


登録宗近肥後ナイフ・鎌刃・鋸刃付三得型:YaHooオークションで入手

刃材:全綱 柄材:クロム 全長155mm 鞘長90mm 刃長65mm 刃巾12mm 刃厚2mm(鎌刃も同じ) 重量35g

宗近ブランドから売られている珍しい三得型肥後ナイフ。大体この鎌で何を刈り取るのか不明だが、私が生まれて初めて購入したのは これの柄に栓抜きが付いた四得型だった。(鞘の後端がラムネの栓抜きになってる5得型も有った)この三得型だが鋸刃は180度まで開くがメインブレードが165度位から開かない。鎌刃も90度まで開かず80度位で開かなくなる。ヒンジピンとブレードバックとの計算ミスらしい。かなり入手時のコンディションが良く 現在もこのタイプの肥後ナイフが生き続けているのを確認したような気になった。子供は他の子より刃が多いだけで偉くなったような気になるのである。銀峰ブランドの二得型と根本的な違いは無いが柄の刻印が相当斜めに入っていて「商標」の商の字は殆ど刻印されていない。また三枚刃でもヒンジピンは細く頼りなげではある。4枚目の写真はカネ駒の「大」サイズとの比較であるが 三得型の方がわずかに小さいが一応「大」サイズと思う。


商標備前守宗近・鎌刃・鋸刃付大 三得型: 2006年11月YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長145mm 鞘長85mm 刃長62mm 刃巾12mm 刃厚2.0mm 重量28g

学童肥後の雄「宗近」の別ブランドネームである。ま、それだけなのだが私が生まれて初めて手にした物の簡易型つまり栓抜きの無い形。刃材は宗近独特の荒れた灰白色で グラインダ痕が生々しく残る。小刃は刃先にだけ有り表裏で揃っていない。ワッシャーは無くジョイント・ピンは極細。刻印は柄の切り欠きを避ける為か やや斜めに打ち込まれている。鋸刃にアサリは無く 鎌刃と通常の刃の刃材は同じ物であろう。一体現在の販売価格は幾らなのだろうか。


登録宗近肥後ナイフ鎌刃・鋸刃・栓抜き付き四得型:YaHooオークションで入手

刃材:全綱 柄材:クロム 全長205mm 鞘長120mm 刃長85mm 刃巾16mm 刃厚2.0mm 重量69g

上記の三得型が「大型」サイズで こちらが「特大型」サイズになる。柄の部分に栓抜きの切り欠きが付いている。私が生まれて初めて入手したのが この四得型であった。(今から40年前)ガキ大将は面白くなかったのか負けず嫌いの彼は、さらに「ラムネの栓抜き」が柄に付いている(尻尾が細く当時のラムネのフタのビー玉を落とせる様になっていた)物を五得型だと見せびらかしていたっけ。閑話休題この個体は ちゃんと刃が180度オープン出来る。鋸刃も180度開ける。柄のサイズの問題なのか「大型」は半端に160度位で止るのが正常だ。鋸刃は「アサリ」が付いていないが長さが有るため緊急用の時には何かの役に立つと思う。関西方面では現在でも入手可能だそうで実に羨ましい。多分OEMブランドでも造られている事と思う。


銀峰肥後ナイフ:宗近OEM  デッドストック物をYaHooオークションで入手

刃材:利器材打抜 柄材:ステンレス 全長170mm 鞘長98mm 刃長70mm 刃巾17mm 刃厚1.5mm 重量32g

写真の通りで銀峰肥後ナイフと宗近と銀峰鋸付をまとめてYaHooオークションで入手した物。箱のデザインが文字以外全く同じ(切味保証の字体が違うが)で OEMなのが判る。YaHooオークションの別な出展に「肥後千代田丸」が有り それが 全くそっくりな箱だった。この2つの箱の背景に有る山?を消すと「千代田丸」の箱になる。元々宗近OEMとは言え箱まで瓜二つであった。閑話休題 この箱には200円の記載があり裏側に消費税のラベルは無い。消費税施行は平成元年であり それ以前ではあるが消費税施行頃の製品ではないか?と刃の錆び具合から推量する。鋼を支える軟鉄が2層有る。つまり3層である。チキリは ちゃんと潰してあるが刃は無鍛造である。3層だが刃厚が1.5mmと薄手で食い付きは相当良い。大きさは本家の「大」よりわずかに小さい。箱まで奇麗なコンディションで 最低20年経過しているのは珍しい。


登録銀峰肥後ナイフ・鋸付:宗近OEM デッドストック物をYaHooオークションで入手

刃材:利器材打抜き 柄材:ステンレス 全長154mm 鞘長91mm 刃長63mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量25g

これまたデッドストック物で紙箱も奇麗に残っている。箱に値段は無く「最高級品」「正綱本刃付」「切味保証」を唄っている。日本の二得ナイフである。刃を二枚柄に収める為か刃材が実に薄い。私が子供時代最初に買ったのが これに「鎌刃」が付き 柄に栓抜きが付いた4得型であった。箱は上記銀峰肥後ナイフより やや古いが 錆びやすい鋸刃に殆ど錆が無く「アサリ」も きちんとしている。これもチキリレス型である。理由は前述したが鋸刃を使いにくくなるから。何れにせよ宗近のOEMであり 卸し先によって名前を変えていたものである。


商標肥後千代田丸;宗近OEM YaHooオークションでコレクター氏から落札

刃材:全綱 柄材:ステンレス 全長160mm 鞘長161mm 刃長70mm 刃巾12mm 刃厚1.2mm 重量27g

中型の肥後ナイフ。宗近のOEMである。刃は打抜いたものをグラインダー処理してあるが焼き入れの痕跡が無い。ジョイントピンは裏側が殆ど潰していない。一応間に黄紙を挟んだ利器材らしく刃の部分に三段の線が出ている。チキリも打抜いたままであるが ちゃんと180度まで開く。これも「宗近」OEMで そう考えると成程という物である。


商標肥後常正 宗近OEM  YaHooオークションで入手

刃材:全綱 柄材:クロム 全長154mm 鞘長90mm 刃長65mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量24g

ご覧の通りの廉価版肥後ナイフ。柄に桜の花の中に匕が三つ(略字の旧字体)現在の「肥」に当たる文字が書いてある。見た目は宗近そっくりで そう古い物には見えないのである。ただOEMと断言するだけの証拠が無い。刃材も全綱で昭和30〜40年代の宗近が良く使っていたザラザラした肌目の灰白色のもの。刃材は「鉄」は間違いないが「綱」かどうか ちょっと怪しげ。熱処理も ちょっと怪しげ。鳩目も細目でカシメも殆ど潰れておらず チキリも切り放しのままである。どこからどう見ても「宗近」に思える。箱にも「肥後常正」「正鋼本刃付」「切味保証」「BEST KNIFE」という宗近そっくりの文言が有る。何時頃のものかは不明。

花の中に(旧略字の喜=七が三つ)肥後常正 別バージョン 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長151mm 鞘長91mm 刃長63mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量23g

こちらは上記の物より明らかに古い個体である。マークはこの個体の方が明瞭に打たれている。全体のスペックを見ると機械プレスで生産されているため時代によるバラつきが少ない。


商標備前守宗近・鋸刃付二得型:宗近肥後ナイフの別登録名 YaHooオークションで入手

刃材:全綱 柄材:クロム 全長154mm 鞘長90mm 刃長63mm 刃巾12mm 刃厚1.5mm 重量24g

こちらは堂々と「宗近」を名乗っているのだが ちょっと珍しい受領名の「備前守」を名乗っている。備前は現在の岡山県で備前市という市も有るから関西の方は御存知だと思う。我々関東の人間では「名刀・備前長船」の名前が有名である。これまた「宗近」らしい作で、すぐ上に記した刃材と同様の灰白色のザラついた肌目の鉄だか綱だか熱加工したのか怪しい刃を持っている。鋸刃はアサリが無い普通の宗近二得型である。結構古い物と思うが入手時のコンディションが抜群に良かった。紙箱は「宗近鋸付ナイフ」の箱を そのまま使っている。いわば「コレクターズ・エディション」か?


本打割込肥後隆義;学童用肥後ナイフの雄、出来は こちらの方が優れている。(と思う)

(特大)720円

刃材:全鋼 柄材:鉄(黒塗).全長205mm 鞘長115mm 刃長205mm 刃巾15mm 刃厚2.5mm 重量60g

(大)640円

刃材:全鋼 柄材:鉄(黒塗).全長 175mm 鞘長98mm 刃長77mm 刃巾13mm 刃厚2.4mm 重量35g

(中)480円

刃材:全鋼 柄材:鉄(黒塗)全長165mm 鞘長93mm 刃長72mm 刃巾12mm 刃厚2.5mm 重量33g

肥後隆義、10年くらい前は東急ハンズや大手金物店が扱っていた肥後守は殆どこれ。しっかりした作りで刃の仕上げなどはカネ駒全鋼より丁寧かもしれません。三木市のものではなく、兵庫県小野市の藤原製作所の物なので肥後守と名乗れないだけです。昭和46年に商標登録されています。Fマークが目印で黒鞘の本割込がまだ沢山流通しています。価格帯は廉価版ですが仕上げが良く工作精度も高く王様より2クラス程上、宗近肥後ナイフより1ランク程上質です。商標公報によると小野市から昭和24年に商標登録されています。

名前はネット上で良く聞きますが、御当地北・関東辺境 水戸周辺では販売しておらず ネット通販で入手。全鋼だが「本打」と書いてある。チキリ部分は確かに叩いて平たくしてある。 刃付けは比較的奇麗であるが 二三回研いだ方が良さそうに感じる。全体に造りは良く 実用に供するのなら必要充分だと思う。胸地下肥後ナイフより明らかに「上」廉価版カネ駒同等か?黒塗柄であるが きちんと縁を処理してあり好感が持てるが 刃を畳んだ時に鞘の真ん中に収納できず刃が柄の内側に当たる。これは「大」「特大」共に同じである。柄を曲げる工程で微かにズレが有る。ここの処理が一番正確で丁寧なのは「宮本武蔵シリーズ」である。次が元祖カネ駒の高級版シリーズか。この「肥後隆義」は関西で多く販売されてでもいるのか?水戸は県庁所在地なのだが「ハンズ」も無い。最近は「荒物屋」さんとかが消滅しかけていて ホームセンターでブリスターパック入りの肥後守を買うのは風情が無い気がする。胸地下の出来が粗悪品まがいなので あ、いや価格相応なので こちら北関東でも売れば良いのに。

尚 この「肥後隆義シリーズ」は「ハモノプラザ」さんに御世話になった。とても変った物も扱っている。


山秀・肥後秀盛YaHooオークションでコレクターから落札 非常に小型の肥後ナイフ

刃材:全綱 柄材:鉄 全長135mm 鞘長79mm 刃長60mm 刃巾9.5mm 刃厚1.0mm 重量15g

これはオークションで新潟のコレクターの方から入手したもの。同じ物が4本入っていた。山秀のマークが刻印されている。兵庫県三木市産。山秀と言うと有名ナイフショップを連想するが無関係だそうである。何年間も肥後守・肥後ナイフを集めていたら現在6本に増殖している。実に小型で、我々世代だと女の子がセルロイドの筆箱に入れていた物を思い出す。刃は鍛造されておらずチキリも打抜きである。一体幾らで販売されたのだろうか?我々悪ガキが買ったのは もう一回り大きかった覚えがある。我々悪ガキは鉄腕アトムだの鉄人28号だのという絵の書いてあるセルロイドの筆箱、女子は一回り小振りな筆箱だったから 小型の肥後守の需要が有ったのだと思う。それで思い出したが「三菱UNI」という鉛筆が一本100円で売り出され 驚いたのが小学校6年の時だった。平均的鉛筆価格が10円以下の時代である。コンパスが20円、消しゴムが5円とか10円。三菱UNIという一本100円の鉛筆が発売されて仰天した時代である。


商標・越後守秀和YaHooオークションでコレクターから落札

刃材:不詳? 柄材:アルミ 全長170mm 鞘長93mm 刃長68mm 刃巾14mm 刃厚1.5mm 重量25g

これこそ隠れた名品と思っている中型の肥後ナイフ。造りは型抜きだが 非常に丁寧な仕事がしてある。チキリは潰してあり穴は無い。また刃材はヘアライン程度まで磨かれ普通の肥後守よりも薄く鋭い刃付けが施されている。ジョイントピンも奇麗に叩かれていて柄の処理も丁寧である。ワッシャーは表裏二枚。普通の肥後守は刃にベベルストップを持たないが これには明瞭なベベルストップが有る。ブレードの形状も変っていて 洋式ナイフでも珍しい「コンケイブ・グラインド」という凝った刃付けなのである。グラインダのホイール部で刃を削り出す時に、刃の下1/3位の部分を深く削り、コンタクトホイール部分で刃そのものを削り出している。最後の写真でこちらに刃先を向けている個体の刃の削り方を見て下さい。洋式の削り方ですよね。柄に打ち込まれた銘が非常に浅く読みにくいのだが三条あたりの工場製品ではないだろうか?刃の仕上げを見ると西洋ナイフの経験が相当有るような印象を受ける。柄の造りは一般的な廉価版肥後守だが、普通の柄材ではなくアルミ?軽く全く錆が浮かない。刃の凝った造りのアンバランスが際立つ。現在手許に三本保有しているが刃材も単なる鋼や利器材ではなく 妙に軽く硬い印象を受ける。砥石に当てた感じが普通の肥後守よりも硬く、滑ってしまう感じというと判るだろうか?越後という名前から三条あたりと類推したのだが 私の持っている実用肥後ナイフの中では恐らく切味も刃持ちもベストではなかろうか。とにかく全てにおいて旧来の肥後守&肥後ナイフのお約束を守っているのだが 何かに挑戦したかのような不思議な印象を持つものである。

この頁を読まれてメールを下さった北海道のユーザーの方も、この越後守秀和守が優れた肥後ナイフであると以前から思っていたとの由。他にも秋田と新潟からもメールを頂戴した。私だけではなかったのが妙に嬉しく感じた。


登録商標肥後守政隆(YaHooオークションで新潟のコレクタから入手)

刃材:全綱 柄材:クロム 全長160mm 鞘長93mm 刃長69mm 刃巾13mm 刃厚1.7mm 重量27g

学童用っぽ位仕上がりの肥後守ナイフである。「タカマサ」銘は有名だが こちらは政隆である。チキリは叩いて潰してある。ジョイント・ピンは細目でワッシャーは両面に入っている。政隆の文字が薄く柄の切り込み部分と重なり無理して打っている感じ。全体の雰囲気が宗近と非常に似通っている。クロムメッキも薄手で呆気なく錆びそうな感じで 実際少々サビが浮いてきている。グラインダ痕が殆ど無く、SK材を型抜きし刃を付けただけという仕上げである。宗近のOEMではなかろうか?


別打(山のマーク)カネ定登録肥後守(特大) 2006年9月YaHooオークションで鹿児島の方から入手

刃材:利器材 柄材:ステンレス 全長218mm 鞘長122mm 刃長96mm 刃巾14mm 刃厚2.3mm 重量61g チキリ穴無

御世辞にも良いコンディションではなかったが柄材にサビが一つもなくステンレスだと確信出来た物。勿論磁石には付く。ワッシャーも両面で柄材 刃材共に分厚く只者ではない風情である。これは鹿児島県の方から入手したが どうやら鹿児島県は謎物件が氾濫している。概ねの物はカネ駒と比較しても遜色無いどころか はるかに凌ぐ個体も有る。昭和40年代まで縦折り肥後守、しかもステンレス柄が残存していたのは間違いない。縦折りは強度に問題が出やすいのだが 厚手の位ステンレス板で造られ 横折り同等の強度の物も有る。だが製作元が特定出来た物件が皆無なのである。この個体も硬く分厚いステンレス鋼板に しっかりした刻印が打ち込まれている。刃も相当しっかりした熱処理が施してあり 只者では無い。資料に このマークも「カネ定」名も見当たらない。以前のオーナーが研いだときに斜めに傷が付いたらしいが 修正しようと砥石に掛けたら 是がまあ地金の硬い事。砥石が減っても刃が磨げていない。修復には時間が掛かりそうである。

別打(山のマーク)カネ定登録肥後守 大 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長170mm 鞘長96mm 刃長72mm 刃幅13mm 刃厚2.2mm 重量31g 両面凡座金 チキリ穴無

上記の特大版より少し古い大サイズである。これも古びて錆びているが造りそのものは実にしっかりしている。富士山?のマークにカネ定の刻印も深く鮮やかに打たれ 肥後守を名乗っているのだが資料には このマークも刻印名も見当たらない謎の肥後ナイフである。


角利・肥後ナイフ=肥後の王様(大)Amazon.comで購入 418円。


刃材:全綱 全長168mm 鞘長96mm 刃長73mm 刃巾13mm 刃厚2mm 重量34.3g
嘘くさい名前と王様マークが災いしてパチモン扱いされますが、これもれっきとした兵庫県の製品。小野町よりももっと奥地で製造されている。カマやノコギリや栓抜きのついた物を現在も出荷しているのは今ではこれだけらしい。プリスターパックに入って郊外型のホームセンターでよく目撃される。

これは全体から「ダメダメ オーラ」がプンプン漂ってくる。まず包装が「天下のAmazon」で扱う品物にしては粗末なビニール袋パッケージ。これを持った瞬間に感じる存在の余りの軽さ、これは所有欲の減退を生じさせる。サイズ実測値を見ると刃厚以外には 全てにおいて変テコな過不足が有る。工作精度に問題が有る。刃材は鉄だと思うが「ハガネ」かどうか判らない。熱処理をしてるかどうかも不明。鞘は恐らく薄い鉄板で ごく薄く黒ペンキを塗ってあるだけだと思う。机に置いただけで地肌が見えた。せめて刻印だけでも明瞭に打ってあればと思うのだが 肉眼でさえ判別しにくい位の凹凸で しかも斜めに刻印されている。宗近肥後ナイフを かなりボロクソに書いたが この「角利肥後ナイフ」(刻印は有名な「肥後の王様」)は それ以下の出来具合である。自分が小学校低学年の時に買った20円の肥後守が ちょうどこんな感じだった。
今の御時世で、初めて購入するものが これだったら 「肥後守ってこういう単なる安物の刃物なんだ、やっぱダメじゃん。」と偏見を持つだろう。悪い肥後守の条件として挙げた条件を全て満たしてしまっている。おまけに細いピン?太めの針金?の潰し方が甘いというか全然潰れていない。何か硬い物をコジったら間違いなく刃が取れる。更に刃の付け方(ベベルストップの位置)が表と裏で2〜3mm違う。最初は目の錯覚だと思った。「肥後の王様」って.肥後の人が見たら怒りだしそうな「王様」である。


登録 肥後の王様割込・ナイフ付花鋸 鎌付・2006年7月YaHooオークションで兵庫県の方から入手

刃材:利器材 柄材:クロム 全長285mm 鞘長165mm 刃長115mm 刃巾23mm 刃厚2.6mm 重量134g

上記「ダメダメ肥後」と何処か別のメーカーが作ったのでは?と思える位 しっかりした大形の肥後ナイフである。ビニール製のパッケージには「園芸と工作用」とだけ書いてある。大きさは市販品レベルでは最大級。実は「肥後の王様」をググったら ここの頁が出て「問答無用で最低最悪」とか書いた文章が引用され驚いた。ところが、である。この肥後ナイフは まず刃が恐らくSK材かな?とにかく全綱ではなく非常にしっかりした造りである。黒塗りの部分もしっかり手間をかけて作ってある。多少グラインダ痕は有るが許容範囲。驚いたのは「鋸刃」である。なんと「アサリ刃」が付けてある。アサリと言うのは鋸刃を一目づつ互い違いに左右に出し引き易くするノコギリ独特の工夫である。学童用の肥後ナイフでは絶対に付いていない。「鎌刃」は全綱で厚さ1.5mm加熱痕から見るとバーナーで炙って急冷し焼きを入れたらしい。ジョイント・ピンは残念ながら細目でワッシャーも片面のみ。ピンの叩き方は丁寧に潰してある。これで柄が正しく「コの字」に潰してあれば、と(これが「末広がり状だった」)。欠点は毎度の事ながら柄の刻印が読めない。最上部の「トランプの王様」は心霊写真状態で、首から上が無い。「割込」という文字は「割」しか読めない。ここいらへん縁起でもないので修正されるべきかと思う。全体では合格点間違い無し。1000円台で この出来なら誰も文句は言わないと思う。比較写真だが7と8枚目の下段が肥後の王様特大3+1徳型(柄に栓抜付)9枚目は王様の2+1徳と3+1徳である。最後の刃のアップは上段が「カネ駒竹虎多層鋼特大」で下段が「ナイフ付花鋸+鎌」である。刃の大きさに注目、これだけ巨大なのだ。


登録肥後の王様・割込・鋸付・栓抜き付き 2006年7月YaHooオークションで兵庫県の方から入手

刃材:利器材 柄材:クロム 全長206mm 鞘長120mm 刃長85mm 刃巾18mm 刃厚2.2mm 重量64g

たまたまYaHooオークションで見た事の無い新品の「肥後の王様」が出品されていて、懲りもせず落札したものである。肥後の王様ではロクな目に逢っていないのに.........。ところがである。上記花鋸で書いた様に同じメーカーの製品と思えない出来具合なのである。現在肥後守・肥後ナイフは1000円以下で入手出来る物が少なくなり、有っても「なんじゃこりゃ?」的な出来具合の物が殆どである。此れは出色の出来具合である。まず刃材が以前の「全綱にグラインダ痕だらけ」から きちんとしたSK材になり刃の整形も随分と丁寧な仕事になっている。ワッシャーは残念ながら片面でジョイント・ピンは細目だが、きちんとカシメてある。鋸刃はアサリが付けてあり充分物の役に立つ(サバイバルナイフのバックセレーションより実用的)そして柄の後背部に懐かしの「栓抜き」が泣かせる。私が今を去ること40年程前に生まれて初めて購入した肥後守は まさにこれと同じ構造のものだった。子供って友達の肥後守より 何か多く付いていると威張れるんですよね。中には「ラムネの栓抜き」が付いてるのが有ったな。処で大きさだが「カネ駒」の「特大」とほぼ同じ大きさであった。この鋸付き型はチキリが無いのが正統で180度まで開かないのも正統なのである。8枚目の写真の上が「本家カネ駒特大」9枚目は一番下が「本家カネ駒大」二番目が「特大」そしてこの栓抜き付き、花鋸の順番である。10枚目は「本家カネ駒超特大」と「花鋸」の比較である。ほぼ同じ大きさなのが判ると思う。この個体も刻印が薄く「王様の絵」は全く判らないし登録の録は金偏しか読めない。割込はナントカ読める。これを明瞭に打ち出してあれば90点クラスは上げても良いという出来だと思う。


肥後の王様黒鞘特大 e-刃物で購入 税込525円

刃材:全綱 柄材:鉄 全長208mm 鞘長118mm 刃長91mm 刃巾15mm 刃厚2.1mm 重量55g

普及版肥後守・肥後ナイフで宗近と共に多く見かける「肥後の王様」特大サイズである。上記「大」と比べると随分造りが良いのに驚いた。やはり専門店で扱う為 問屋での扱いが違うのか?刃は全綱打抜だが峰の部分に残る切削痕は殆ど無く 刃そのものに残るグラインダ痕のみが見られるだけ。これは仕方が無いし自分で砥石をかければ済む。肥後守・肥後ナイフは基本的に洋式ナイフで言う「フラットグラインド」だが その刃を削りだした部分が一直線に揃っているのが工作精度の目安になる。「大」では不揃いだったが「特大」では一応合格点。刃をフルオープンにした時に ちゃんと180度まで開くのも合格点。ジョイントピンは細いながらも ちゃんと叩いてある。刃の先端つまり「ポイント」の部分の刃付けが左右不揃い。この位は我慢の範疇。これを購入する時に どれ程酷い物が届くか楽しみ(失礼)だったのだが これなら一応合格点である。サイズの違いだけではないが これは専門店と「ついでに売ってる」アマゾンとの違いなのだろうか?唯一「これは?」と思ったのが柄の刻印である。斜めに打たれたのか文字が読みにくい。ましてや最上段のモヤモヤした心霊写真めいたモノが何だか判るだろうか?実は向かって左を向いたトランプの「王様」の顔である。


別打・鳥居の中に照吉登録肥後守特製 YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:鉄 全長175mm 鞘長98mm 刃長79mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量36g ワッシャーは両面 チキリは叩いて潰してある。

名前からして「パチ物」の香りが怪しく立ち昇る。このトレードマークは初めて拝見した。鳥居の中に照吉という鍛冶銘を入れている。肥後守を名乗っているが恐らく昭和30年期の「売ったもの勝ち」時代のものと考えられる。別打と書いてあるが当然全綱。ただ妙なのは柄のクロムメッキが感心する位分厚くしっかりしている。刃も俗に言う「角刃」で温度処理もしっかりしてある。柄の刻印が斜めに打たれて文字が読みにくい(肉眼でも同様)この時期のものは店先で吟味することで「アタリ」を引くことが出来た良い時代なのである。この個体は見た目怪しさ満点だが 個体としては「当たり」なのだ。(手持ちの資料の中に この特徴的なマークの記載が有りません。珍品なのでしょうか??)

別打・鳥居の中に照吉登録肥後守特製 縦折 

刃材:利器材 柄材:クロム縦折 全長175mm 鞘長97mm 刃長78mm 刃幅13mm 刃厚2.5mm 重量39g 両面凡座金 チキリ穴無

これまた縦折の照吉肥後守である。肥後守を名乗っているからには三木産かと思いきや資料にはこの名前が出てこないのである。縦折だが明らかに利器材を使用しており(二枚目写真参照)どう見ても昭和30年代後半あたりの製造と推量する。作りそのものは かなりしっかりと造られていて刻印も細い字までクリアに彫り込まれている。先端が欠けてしまっているのが実に惜しい。


登録肥後乃花形 YaHooオークションにて100円で入手。

刃材:利器材打抜 柄材:鉄にクロムメッキ 全長97mm 鞘長91mm 刃長65mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量28g

2005年末のヤフオクで入手。競り合いが有るかと思い、基本の100円で入札したところ そのまま落札してしまった。幾ら何でも出展者に悪くて胸が痛む。モノは比較的シンプルな肥後守だが立派な紙箱に入っていた。しかも箱に日焼けやスレが無く新品かデッドストック物らしい。箱の何処にも製造元が書かれていないのも基本であろう。箱の表の左下に「正綱割込」と書かれているが 当然 全綱打抜き無鍛造と思い観察すると 利器材らしく 薄く割込のラインが有る。刃の形状も定石通りでジョイントピンも細く よく叩かれていない。きちんとチキリが叩いて潰して有れば中々の物だと思うが 結構立派な紙箱入りというのが解せない。決して悪い出来ではないが箱入りにする程ではないと思う。宗近のOEMか?三枚目の写真は比較の為で上段がカネ駒の特大 中段がカネ駒の大である。肥後乃花形は小型サイズに該当する。最近ヤフオクを見ていると 肥後守が時々出展されるが、出す方が値段や相場を調べておらず 新品850円が相場の大型宗近肥後ナイフを1500円で出展していた。その後誰も応じないのに まだ1500円で頑張っている。中古の宗近では500円程度であろう。ま、100円という金額は幾ら何でも低すぎではある。


恐らく昭和30年代?の肥後守・肥後ナイフ5本YaHooオークションで鹿児島の出展者から入手

オークションサイトで見かけ 即入札しました。何しろ余り聞いたことの無い名前で おまけに縦折りが三本含まれていたのです。コンディションは流石にヤレが目立ちましたが 研げば何とかなる程度のヤレ具合でした。名称も地方色が出ていますしローカルな製品なのか今の処不明です。

商標肥後風雲児・鋸刃付 宗近OEM

刃材:全綱 柄材:鉄 全長152mm 鞘長90mm 刃長61mm 刃巾12mm 刃厚1.8mm 重量22g

上の方にも風雲児は置いてあるのですが 妙にサイズだけが違います。大と中という程ではなく10mmだけ こちらの方が大きいのです。何故??まさか消費地によってサイズを変えた?というのは考えにくいし。制作年代によって10mm小さくなったのかな??

で以前どこかのサイトで 「肥後風雲児」の鋸刃が ここまでしか開けない、と書かれていましたが実は風雲児に関しては この160度程度で止るようになっています。「銀峰肥後ナイフ二得型」は180度まで開くのです。銀峰肥後ナイフは三得型(鎌が付いてる)も有ります。


薩摩健児(丸の中にアルファベットのI、のマーク)

刃材:全綱 柄材:鉄 全長158?mm 鞘長90mm 刃長65mm 刃巾16mm 刃厚2.0mm 重量28g

「中」サイズの肥後守である。残念だが入手字のコンディションが悪く、先端の部分が欠けている。肥後守は 抉る様な使い方をすると先端が欠けやすい。鋼(タガネ)で修正する方法も有るが敢えてこのままに留めた。チキリは叩いてあり鳩目も ちゃんと叩いてある。取り立てて突出した点は無いが 欠点も無い。名前が鹿児島県そのものである。どうも鹿児島県ローカルの肥後守・肥後ナイフに隠れた名品が有りそうな予感がする。昭和30年代後半には消えていた筈の「縦折り肥後守」が昭和50年代初頭まで生き永らえていたという噂も有る。こちら北関東では判らないが 優良地場産業製か?


別打「白鷹」登録商標肥後守

刃材:利器材 柄材:ステンレス 全長170mm 鞘長95mm 刃長75mm 刃巾13mm 刃厚2.2mm 重量43g

非常にしっかりした造りの縦折り肥後守である。柄材は分厚いステンレス。チキリは穴が開けられたタイプで柄の刻印は細い線まで明瞭に判別でき「鷹」の細かい線まで見える。非常に良い造りのものである。もっと古い肥後守になると「タガネ」で一本づつ銘を打っていたそうである。

名前つまり商標で製造元を検索したが不明。縦折りであるから昭和40年を下る事は無いであろうが 堂々と「登録商標」を謳っている。商標法の施行は昭和34年(旧法では明治42年)であり 三木市のカネ駒以外のブランドか?明らかに造りが他と違う。ステン柄を用いている以上昭和も30年を超えていると思うが製造年代は不明である。縦折り柄は曲げの力に弱く 刃が収まりにくくなるのが多いが この白鷹は一切そんな事は無い。分厚いステンレス柄は全く変形していない。残念な事に刃こぼれが有り一度完全に荒砥から研ぎ直しをしなければいけない。これも楽しみのうちである。

別打白鷹登録商標肥後守 別バージョン縦折り二種 07年3月オクで入手

少し大きめの方が時代が古い。古いほう(恐らく昭和一桁)のスペックは

刃材:利器材 柄材:クロム 全長121mm 鞘長92mm 刃長78mm 刃幅13mm 刃厚2.6mm 重量43gチキリ穴有り 両面凡座金(チキリ穴は最高級品に開けられた場合が多い)柄材厚1.2mm

小さいほう(時代の新しい方)恐らく戦後で昭和30年まで。

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長160mm 鞘長93mm 刃長72mm 刃幅12mm 刃厚1.9mm 重量33g チキリ穴無し 両面凡座金。柄材厚1.0mm

戦前・戦後モデルの区別は柄材の厚みが厚く戦前モデルは刻印が細くて明瞭+チキリ穴である。

横折り鞘別バージョン

刃材:利器材 柄材:クロム 全長172mm 鞘長98mm 刃長78mm 刃巾13mm 刃厚1.8mm 重量33g チキリ穴無し 両面凡座金 2006.11.25YaHooオークションで入手

上記の物と違い学童用のラフな造りの肥後ナイフである。入手時コンディションがサビサビだった為中砥で当たった処が利器材のラインが出現した。刃が180度まで開かない仕上げで上記の縦折りで見られた高品質は望むべくもない。生き残りが半端だったのだろうか?この肥後ナイフも詳細が判らないものである。


正綱(桜の中に誠の文字)登録肥後守

刃材:全綱 柄材:ステンレス 全長166mm 鞘長95mm 刃長70mm 刃巾12mm 刃厚2mm 重量32g チキリ穴無 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長130mm 鞘長75mm 刃長54mm 刃幅10mm 刃厚1.8mm 重量18g チキリ穴無し ワッシャー両面 横折り

上は「大」サイズの縦折り肥後守。柄材はステンレスだが薄手(0.8mm)で やや変形がある。チキリはきちんと潰してあり柄の刻印も明瞭に判別できる。安手の肥後守・肥後ナイフは刻印が浅いとか 斜めだとか大抵読みにくい物だが この誠印には 安っぽさは無い。裏側のワッシャーは省略されている。全体から受けるイメージは学童用なのだが 妙に造りが丁寧である。これまた「肥後守」を堂々と名乗っているのだが何時頃の品か?鹿児島県から出てきているのが気になる一本である。何かで読んだが「縦折り」肥後守が最後まで残ったのが鹿児島だったというのだ。これら三本は終末期の縦折り肥後守なのかも知れない。下のものは恐らく昭和30〜40年に造られた学童用廉価版、クロムメッキの質が悪くボロボロである。ただ研げば十分復活可能。


特級登録 山平肥後守

刃材:利器材 柄材:ステンレス 全長165mm 鞘長95mm 刃長70mm 刃巾13mm 刃厚2mm 重量45g

写真向かって左側、これも「大」サイズの縦折り肥後守。一緒に写したのは横折りになってからの個体です。大きさに比して重量感が有る。柄材が分厚く 指で強く押した位では変形さえしない。縦折りの泣き所のネジレ方向への弱さは一切感じられない。刃材は利器材で峰を見ると三層構造が はっきり判る。他メーカーなら「割込」とか「安来綱」とか麗々しく刻印するところだ。柄の刻印も深く均一に押されていて安っぽさが無い。チキリも奇麗に叩いてある。惜しいのはポイント(先端)が欠けている事。この程度ならタガネを持ち出さなくともヤスリと砥石で修正可能。こういう頑丈な「縦折り」なら絶滅しなくて済んだのではないだろうか。横折りと違い柄の中に湿気がこもらず 掃除もしやすい。所有している縦折りの肥後守・肥後ナイフ中では 最も造りの良い一品である。


特級登録山平肥後守(上記と同じ刻印)YaHooオークションで新潟のコレクタ氏から入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長168mm 鞘長99mm 刃長72mm 刃巾13mm 刃厚2mm 重量34g

写真向かって右側。上で記載の山平は縦折り型の古いデザインだが こちらは横折りで紙箱が付属する。箱にはメーカーを特定する文言は一切無く、「本打肥後守」「別製本刃付」「製造元切味保証」箱の横にはHIGONOKAMI BEST KNIFEの文字が有る。本体だがチキリは叩いて潰してあり ワッシャーは表裏とも入っている。ジョイント・ピンは細目だが裏はきちんと叩かれている。刃は結構鋭い研ぎが施されているがグラインダ痕が目立つ。利器材かと思って強拡大のルーペを使って見たが「全綱」である。上記の縦折りと刻印が全く同じであり年代は異なるが時代を生き残ったメーカーなのだと推量する。写真をご覧になればお分かりかと思うが とても造りが良い物である。下記に記したが「肥後守」つまり三木市産品か確認出来ていない。


特級登録山平肥後守 中? : 2006年11月 YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長155mm 鞘長86mm 刃長65mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量28g

上述の山平肥後守の別バージョンである。大きさと重さの違い以前に柄材が全く違う。上記の個体は梨地であるが こちらはメッキの光沢がある。更にこれもデッドストックで傷一つ無いのだが刃に写真の様なサビの発生が認められる。深い物ではなく後から研いだ写真を掲載予定である。チキリは叩いてあり 丸っこい形状は宮本製作所の丸宮に似る。(本当の丸宮は完全に丸に近い俵型)ワッシャーは表裏二枚、ジョイント・ピンは細い。サイズが上記の物と違い少しラフな造りである。この山平肥後守は堂々と肥後守を名乗る以上 三木市産品の筈である。ところが手元の資料では この山2つマークの下に平は無いのである。一コの山つまり傘の様な山の下に平のマークは登録されている。商標公報からはS30-17091で「やまへ」の登録が三木市から、と確認出来る。つまり両者ともに確実な証拠ではないのだ。一体これは正式な肥後守なのだろうか?


特級登録山平肥後守 紙箱入デッドストック 2006年11月 YaHooオークションで入手

刃材:全綱 柄材:クロム 全長173mm 鞘長97mm 刃長77mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量35g

二コ上の山平の別バージョンである。柄材がピカピカのメッキで刻印が明らかに違う字体である。ジョイント・ピンも少し太く奇麗に丸く潰され、ワッシャーは表裏、チキリは俵型に整えられ どうも宮本製作所産の香りが漂う。刃材は灰白色の全綱で比較的グラインダ痕が強く、小刃が付けられている。これまた新品デッドストックでサビや擦れ一つ無いコンクールコンディションである。しかし これだけ出回っていて資料に これと一致する記載が無いというのは初めてである。これだけ堂々と肥後守を名乗り 宮本製作所の臭いがする物というと上記 商標登録S30-17091の「やまへ」なのだろうか?この個体だが肥後守・肥後ナイフとして見ても とても良い仕上げなのである。某学童肥後の三倍の価格相当というところ。


丸栄(桜の花の中に榮)登録肥後守2006年7月YaHooオークションで入手

刃材:全綱 柄材:鉄 全長180mm 鞘長98mm 刃長82mm 刃巾17mm 刃厚3mm 重量44g チキリ穴有

入手時は以下の4本共々「ボロボロ・サビサビ」の最悪のコンディションだったがリューターの大活躍でここまで再生出来た。柄の刻印は薄くなり肉眼でも見えにくい。栄の旧書体のである。縦折りの肥後ナイフでワッシャーが両側に入りチキリは穴有り、ジョイント・ピンも太めで造りは上質である。肥後守の常で制作元の手がかりは「五枚の花弁の中の栄」の球書体の文字だけである。縦折り型の欠点である「力を入れて握ると柄が曲がる」という状態で、刃が出ず難儀をした。サイズが現代の「大」と同じである。戦前の肥後守は殆どが「中型サイズ」までであるから 恐らく昭和20年代後期から30年代初頭のものと推量する。


丸政・登録・肥後守・別製(丸の中に政);2006年YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:鉄 全長160mm 鞘長94mm 刃長68mm 刃巾12mm 刃厚2.0mm 重量41g チキリ折損(穴有?)

これも昭和20年代後半から30年代にかけて造られたとおぼしき肥後守である。「肥後守」商標登録されているのに勝手に名乗っていたのは昭和中頃までだったとのこと。チキリに穴が有った様だが折れてしまい半端な残欠がある。前ユーザーが丁寧にヤスリを掛けている。ワッシャーは表裏とも有り。刃材は全綱だが結構良い質の物を使っていたのか青棒とバフで相当光る。柄の刻印は薄く磨り減っているが丸政の部分がシャープに残っており丁寧な仕事をされている肥後守である。縦折りの柄も厚手(1.0mm鋼板)の鋼材で 歪みは殆ど見られない。


高級・丸繁肥後守(丸に繁);2006年YaHooオークションで入手 

刃材:利器材 柄材:鉄 全長220mm 鞘長121mm 刃100長mm 刃巾15mm 刃厚2.9mm 重量73g チキリ穴無

同時に入手した6本の肥後守・肥後ナイフで最悪のコンディションであった。特大型のため見た目のダメダメ度が高かった。サビで柄から刃が出せず、ここまで修理するまで丸一日掛かってしまった。もう少しマシな姿に復元出来そうだが刃の深い所まで錆が食い込んでしまっている。刃材は磨いてみると恐らくSK材である。比較的厚手のきちんとした研摩が施されておりワッシャーは裏表有り、ジョイント・ピンは太めで柄の刻印も 深く打ち込んである。チキリは長めで穴無し。丸繁の刻印は細く深くシャープである。錆果てる前は結構価格の高い肥後守だったと推量する。資料をあさったところ「永尾製作所所有の刻印」の中に「まる繁・九州」として名前が載っていた。と言う事はカネ駒のOEMなのかな?保存状態が最悪だったのが何とも残念である。


青竜(と柄に二本の竹の絵が刻印されている);2006年YaHooオークションで入手

刃材:全綱 柄材:クロム 全長170mm 鞘長95mm 刃長73mm 刃巾13mm 刃厚1.8mm 重量38g チキリ穴無 両面凡座金

青竜は商標公報から確認できるブランドで、刻印が製造者の廃業に伴って流転していった肥後ナイフである。戦前から存在しているが正式に文書で確認出来るのは昭和26年で都内墨田区亀沢町の前山さんという方が登録している。竹や虎の絵が刻印されているのが特徴で、製造元が変わるたびに少しづつ派手になった様だ。ものによっては竹虎ナイフDXの箱入り物件が確認できるので「ヒマサ金物」を経由した形跡が有る。また どう見ても宗近で作り文房具ルートで流れた形跡も有り全てのタイプを揃えるのは困難かもしれない。

青竜 多分オリジナルバージョン Yahooオークションで12/22入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長170mm 鞘長97mm 刃長74mm 刃幅13mm 刃厚2,1mm 重量38g チキリ穴無 両面凡座金

上に有る青竜と別バージョンで こちらがより時代が古いものらしい。まずこちらの個体には裏面に竹とトラの刻印が有る。青竜に対する白虎と言う事か?それからよく見ると「青竜」の字体が全く違う。ルーペで観察すると「青竜」と書いてある面の刻印も似てはいるが笹の葉の数や形状が異なり 別な刻印である。大きさや刃の形状を比べると瓜二つだから 恐らく元型がこちらで 後から省略し裏面がのっぺりした方が後から造られた物ではなかろうか。オリジナルは戦前から存在したそうで それを確認しないと解らない部分が多い。


スズトンボ・鋸付き 06年3月 新潟のコレクタ氏より入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長151mm 鞘長89mm 刃長113mm 刃巾12mm 刃厚1.5mm 重量23g

全体の雰囲気は「宗近」に極めて良く似ている。譲ってくれた方が新潟県燕市の方であり三条に近いことからもローカルに流した物かと思われたが違っていた。柄の上に「○にトンボの絵」が刻印され片仮名で「スズ」と その下に縦書き片仮名で「トンボ」と刻印されている。「刃先」の形状が肥後守には珍しく、ポイント部がピンと跳ね上がった「スペイ型」をしている。チキリは このタイプには「無い」。ジョイント・ピンは細くワッシャーは裏側に一ヶだけ。これから錆落しをする予定である。

追記)このスズトンボは昭和29年に現在の小野市で商標登録されている。当時の町名だと兵庫県加東郡市場村という住所になっている。


登録肥後鈴蜻蛉 06年3月 新潟のコレクタ氏より入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長165mm 鞘長95mm 刃長70mm 刃巾12mm 刃厚1.5mm 重量28g

全体的に雰囲気が肥後隆義に良く似ている。チキリは叩いて潰してある。ジョイント・ピンは細いのだがワッシャーは裏表二枚挟んである。柄の刻印は教科書体に似た書体で縦に「登録」下に「○にトンボマーク」下に「肥後鈴蜻蛉」と結構深く丁寧な刻印である。刃体は如何にも全綱だが きっちりした造りで廉価版クロム柄の肥後隆義という感じである。これもローカル販売だったものだろうか?

漢字の鈴蜻蛉も同じ兵庫県加東郡市場村(現在の小野市)と同じマークで登録されていた。


玉竜 竜の絵の中に玉と竜の文字が有る。06年6月 YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長155mm 鞘長91mm 刃長67mm 刃巾12mm 刃厚1.8mm 重量26g

柄材表面に「雲の中に飛んでいる竜」の絵が刻まれている。ワッシャーは表側だけでジョイント・ピンの潰し方も甘い。チキリも潰しておらず刃はグラインダ痕丸出しである。玉龍も青竜と同じく製造元が変わるたびにデザインが少しづつ変化し かつ安っぽくなっている。主に文具系の卸が扱い この個体に関しては宗近が製造したOEMかと推量する。


別打 御釼登録商標肥後守 小判型の輪の中に御釼のマーク 06年6月 YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長170mm 鞘長98mm 刃長75mm 刃巾12mm 刃厚1.5mm 重量30g

たぶん「みゆき」と読むのだろう。柄材片面に 刻印の文字が妙に多い印象の肥後ナイフ。小判型の輪の中の文字だが御の次が金偏に刄である。ワッシャーは両面に入り チキリも叩いてある。薄手の刃だが前オーナーが丁寧に研いでおられ 小刃の有無が不明である。(ベタ研ぎでなく きちんと研いであった)良く似た物で鹿児島産のものを所有しているが どうも同じ職人さんの手によるものの感じがする。三木で登録された肥後守の名前の中には類似するものも見当たらない。


肥後喜久丸 桜の中にKKのマーク 06年6月 YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長169mm 鞘長90mm 刃長75mm 刃巾12mm 刃厚1.8mm 重量29g

柄に刻印された文字は肉眼でも やっと見える程度。磨り減ったわけではなく元々薄いもよう。マークは桜の花?の中にK.K.の文字が有る。喜の字は簡易体の七が三つ重なった字で+久丸という部分がタガネで彫った様な感じである。「肥後」は刻印だが そこから下が妙にヘナヘナした字体なのである。ワッシャーは片面だがチキリが叩いてあり妙に丸っこく「丸宮」を思い出させる。桜の中にアルファベットを刻印するのは九州方面に多いものである。これも前所有者が丁寧に研いでおられ 大事に使われたもののようである。


播州・大島守一秀作 06年6月 YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長157mm 鞘長91mm 刃長67mm 刃巾12mm 刃厚1.6mm 重量22g

柄に「銘将」「大島守」「一秀作」と堂々と大きく刻印されている。大島守ってくらいだから「鎌倉」近辺の鍛冶屋さんかな?とググってみたが該当無し。ワッシャーは表裏二枚有り、ジョイント・ピンは細目で刃も先端が ぐっと大きく反る角刃である。少々時代がかっているのか このデザインは昭和40年凸凹位の物に多い。チキリは叩いてあり全体に丁寧な仕事である。しかし変わった名前の肥後ナイフである。

※2007年8月 御指摘を受け再確認、播州の崩し字でした。


正綱割込 花正肥後守 花の中に丸正のマーク 06年6月 YaHooオークションで入手 

刃材:全綱 柄材:クロム 全長155mm 鞘長90mm 刃長65mm 刃巾12mm 刃厚2.0mm 重量29g

ワッシャーは両面.チキリは奇麗に叩いてある。ジョイント・ピンは比較的太めで丁寧な造りである。惜しむらくは前ユーザー?が先端を欠いてしまい それを研いで修正してある為 丸刃に見える。刃材は全綱だと思うが洋風ナイフのようなベベルストップが付けてある。こういう細工加工を施してある物は三条辺りの出身に多い。どうも刃材が普通の全綱ではないような印象が有り、後から峰の部分で確認が必要だと思う。詳細の判る方は教えて下さい。


正鋼割込 花正肥後守 大 06.11.25YaHooオークションで入手 

刃材:利器材 柄材:クロム 全長173mm 鞘長97mm 刃長72mm 刃巾13mm 刃厚2.0mm 重量34g

正鋼割込 花正肥後守 中? 06.11.25YaHooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長161mm 鞘長92mm 刃長70mm 刃巾12mm 刃厚1.7mm 重量25g

上記二本は同時に入手した個体であるが、微妙な大きさの違い以上に「見た目」が下は学童用の粗雑な造り、上は比較的きちんとした造りである。刻印銘がまた微妙に違い「登録商標」と「登録」だけである。入手時コンディションがサビサビだった為軽く砥石に掛けてみた処刃材も違っている。この花の中に正の肥後守も由来来歴が全く不明な個体である。肥後守を堂々と名乗るからには三木市産品だと思うが資料に花正の名前は存在しないのである


◇TO(ひしと)肥後守 縦折 06.11YaHooオークションで入手 

刃材:利器材 柄材:鉄 全長150mm 鞘長85mm 刃長68mm 刃巾12mm 刃厚2.8mm 重量29g

刃材:全鋼 柄材:黒塗鉄柄 全長148mm 鞘長84mm 刃長65mm 刃幅11mm 刃厚2.2mm 重量31g

手持ちの資料によると小野市宮永商店製とある。小型だが反りの強い刃と分厚い柄、重厚感の有る肥後守である。刃も長年の使用に耐え全くグラツキが無い。入手時はサビだらけだった為サビ落しと砥石を当てたところ利器材のラインが見て取れた。ほぼ最初からベタ研ぎの刃が付いていた様子である。かなり角度の強い鋭い刃である。刻印は細い明朝体で しっかり彫られている。チキリも奇麗に成形され品の有る個体である。

下の個体は08年7月錆錆の状態で入手した物をレストアした。こちらの個体の方が古い時期のものらしく柄の刻印の字体が明らかに違う。「守」の縦棒が判りやすい。また割込鍛造出はなく全鋼である。勘違いしそうだが三木市産品のTOは山が二つ重なった刻印の下にTOで TAは○の中に刻印されている。


高級 肥後富士丸 大 06.11YaHooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長155mm 鞘長89mm 刃長65mm 刃巾13mm 刃厚1.5mm 重量25g

見るからに学童用と判るが 手持ちの資料には三木市の産業資料館にも存在しているとのこと。ただし造りが宗近ブランド瓜二つで細いジョイント・ピンに切りッぱなしのチキリといい刃の薄さといい そっくりである。グラインダ痕も生々しく全鋼の刃材をプレスで打抜き グラインダで ざっと刃を成形し熱処理したんだかなあ、という感じである。サビ落しで荒砥にかけたところ どこまでも削れてしまい 怖くなって途中で止めた。とう


登録商標角M・優等肥後守 中 06.11YaHooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長149mm 鞘長83mm 刃長65mm 刃巾12mm 刃厚1.8mm 重量26g

「肥後守」を名乗っているが三木市の資料には「優等」や「四角で囲ったM」商標は登録されていない。商標登録で調べても該当物件は無い。しかし この個体そのものは然程悪い出来ではなくワッシャーも両面に入れてありチキリも叩いてある。珍しい刃先の角度で、肥後守・肥後ナイフでこれだけカッティングエッジを寝かせた物は見た事が無い。刃もグラインダ痕は有るが きちんと砥石を当ててから出荷されており粗悪品では無い。実物は見た目も安っぽさは無いが 刻印は浅く上下が擦れてしまっている。何処の製品だろうか?


カネ辰割込肥後 2008年3月Yahooオークションで入手 

刃材*全鋼 柄材;クロム 全長145mm 鞘長78mm 刃長60mm 刃幅10mm 刃厚1.5mm 重量15g 座金無 チキリ一応叩いてある

俗に言う粗悪品の類いで刃物問屋とか卸系ではなく文具の扱いで売られたもの。名前は全くの初見で資料にも有りません。


甚五郎小刀100 2008年3月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長138mm 鞘長42mm 刃長65mm 刃幅10mm 刃厚1.5mm 重量14g 座金無し チキリ一応叩いてある

コンディション最悪だが資料にも全く名前の無い個体であり消滅する前に鎮魂碑代わりに掲載した個体。上記と同じメーカーの手によると推量する。いかにも児童用文具という扱いを受けたものと思う。


登録 肥後吉光 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長135mm 鞘長78mm 刃長60mm 刃幅10mm 刃厚1.5mm 重量14g 座金無し チキリ一応叩いてある

上のカネ辰と甚五郎小刀と同じメーカー製で名前だけ変えて出荷したものと推量する。何しろチキリが全く同じデザインと大きさで いかにもプレス抜きして取りあえず名前のかぶらない柄に叩き込んで「一丁上がり」という作り方をされた個体と思う。コレクションというより墓碑銘代わりに掲載。


登録・スポーツマンナイフ 多分?旗の下で左手のグローブに入れたボールを差し上げている/捕球動作の図柄 YaHooオークションで鹿児島の方から入手 

刃材:利器材 柄材:クロム 全長170mm 鞘長100mm 刃長65mm 刃巾13mm 刃厚2mm 重量35g

別バージョン 2006年9月末ヤフオクで広島の方から入手 

こちらはトンガリの刃先も残っている。2006年9月末ヤフオクで広島の方から入手

刃材:利器材 柄材:クロム 全長169mm 鞘長98mm 刃長68mm 刃巾13mm 刃厚1.8mm 重量33g 上の物と微妙に差異がある。

これは肥後守・肥後ナイフではない。まずストッパー機構を持っている(電工ナイフと同じスリップジョイント方式)チキリは無い 代わりにブレードにネイルマークが刻んである。肥後守・肥後ナイフと洋式ナイフの折衷ナイフである。我々が学童時期には それなりのファンが居た形式である。男子は財布に余裕が有ると この手のナイフを買う奴が必ず居た。するとこちらは5得肥後守かなんかで逆襲の見せびらかしをするのだ。ロック機構ってたって単なるスリップジョイントだから子供の乱暴な扱いではパチンと閉じて怪我人を量産したのではなかろうか。それと肥後守よりも刃が薄く ちょっと刃先をねじると先端が脆くも欠けてしまいます。でも懐かしむ諸兄がおられることと思う。下の個体は2006年9月下旬YaHooオークションで入手したものだが、トンガリ刃は残っており柄の刻印も残っている。ただ完形なのに微妙に個体差が有る。これは製作年代と関係が有ると思うが 柄の刻印は、二本とも変っていないようで これ多分優勝旗か何かをイメージしてるのかも。

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長143mm 鞘長87mm 刃長50mm 刃幅11mm 刃厚2.0mm 重量23g

上記の物より小振りで ソングホールは無く電工ナイフ風リングの付いたモデル。


TRADE MARKスポーツマン/フルーツナイフ 07年8月Yahooオークションで加古川市の方から入手 

刃材:ステンレス 柄材:クロム 全長168mm 鞘長91mm 刃長72mm 刃幅15mm 刃厚1.2mm 重量21g 栓抜き付き二得型

上記のスポーツマンナイフの進化形なのかメーカー名が無いので断言を避けるが非常に印象が似ている。ステンレス刃でサビに強いという意味で「フルーツナイフ」を名乗ったと思うがこの不思議な格好の刃で皮むきはどうだろうか?上記の古いスポーツマンナイフはスリップジョイントの簡易ロックが有るのだが このフルーツナイフには全く何のロックも無く摩擦力だけである。ネイルマークは浅く長い。刃を完全に畳んだ状態では栓抜きの溝の中に刃が顔を出してしまい栓抜きが使いづらいのは御愛嬌である。トレードマークと名乗っている以上 やはり上記三品と同じメーカーの作だと思う。


無銘のナイフ(上のスポーツマンナイフの劣化コピー)

刃材:全鋼 柄材:黒鉄柄 全長172mm 鞘長103mm 刃長70mm 刃幅17mm 刃厚1.6mm 重量23g

チキリ無し 座金無し

駄菓子屋にひっそりと置いてあってスポーツマンナイフの買えない世代や小遣い不足の子供達の為の物だったなあ、と妙に懐かしくなった。ちなみに これで飲み物の栓を抜いてはならない。一発で金属が捲れて泣く羽目になる。


無銘のナイフ(形状がスポーツマンナイフに酷似)  

刃材:全鋼 柄材:鉄 全長175mm 鞘長100mm 刃長72mm 刃幅14mm 刃厚1,8mm 重量32g 両面凡座金 チキリ無

写真だと安っぽく見えるが実物は結構しっかりした造りである。柄材は厚さ0.7mmの鉄板を黒塗りにしたもの。(普通の学童用肥後で0.8mm程度)結構しっかりした刃が付けられており熱処理もしてある。肥後守系統との差異は鳩目が細く頼りないのと チキリが無い事くらいだろう。形状がスポーツマンナイフと似ているが凹凸のラインを変えて独自色を出している模様である、


少年ナイフ  

刃材;全鋼? 柄材;真鍮 全長130mm 鞘長75mm 刃長55mm 刃幅11mm 刃厚1.0mm 重量10g 座金無し ハトメのみ

我々世代が肥後守を使える様になる前に駄菓子屋で購入した 当時5円とかのナイフが「これ」であった。J-POPのグループ名や漫画家の名称としても流用されているオリジナルが「これ」。実にまあチープな造りでえあるが この時代は厚さ0.4mmの真鍮柄である。もっと後になると質の悪いブリキになり もっと後には質の悪いアルミになったと覚えている。一応切れる刃が付いているが熱処理なんかはしていないと思う。鉛筆削りを10本もすると全く切れなくなった。ガキ大将が何処からか見つけてきた「砥石」と称する粘板岩で研いではダメにしていた。今見ると中々チープさが小気味良い。こういうナイフを見るとコレクターの心得は「ユニコーンを探すのなら ポニーがいなくなってから」という言葉を思い出す。この「少年ナイフ」はれっきとした三木市産品なのだ。未だ見つからないが、物によっては「将棋の駒」や「山の下に久」マークが刻印されたものが存在している筈である。

少年ナイフ 06年3月 新潟のコレクタ氏より入手 

刃材:全綱 柄材:アルミ 全長131mm 鞘長75mm 刃長60mm 刃巾11.5mm 刃厚1.0mm 重量12g

アルミの質が相当悪く一円玉以下というか戦時中の一銭玉に近い(古いな)。「少」の字の上に将棋の駒が刻印されその上にも何かマークがあるのだが読み取れない。おそらくこれが「山久」のマークだと思われる。


スピートナイフ 07年2月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長122mm 鞘長73mm 刃長47mm 刃幅9.7mm 刃厚1.9mm 重量18g

これは制作年代が全く正直解らない。恐らく昭和30年台前半ではなかろうか。というのは「浅沼稲次郎刺殺事件」以降 刃先の尖った刃物は自粛の憂き目を見たというだけなのだが。柄の後部は栓抜きになっているが柄材がペラペラで どう考えても実用性は怪しい。珍しいのは「クリップ」が付いている事だ。このクリップは鳩目と共に固定されている。なので刃を出すとクリップまで回ってしまうのは御愛嬌。刃は存外しっかりしていて砥石を当てると ちゃんと温度処理してある固さを感じる。このスピードナイフは兵庫県三木市の産品で ちゃんと商標登録してある逸品なのだ。もう少し資料を漁ってみたいと思う。


安全ナイフ・刀狩が行われた後、学童が使った鉛筆削りに特化したナイフ。

刃材:全綱 全長92mm 刃長12mm 刃厚1.8mm 重量19g

肥後守・肥後ナイフが刀狩で絶滅の危機に瀕した時に、購買部等で売られた「鉛筆削りに特化した刃物」が これである。既にナイフとしての形状さえ保つ事は出来ず 直線部分に物差しの機能を持たせたものである。不思議な形状だが、実は肥後守・肥後ナイフで これによく似たカーブを持つ物が戦前〜戦後にかけて存在した。実際に これを使って鉛筆削りに挑んだが 非常に削りにくい。これでは売れなかったのだろうな、と感じる。


何も刻印銘の無いナイフ 07年2月Yahooオークションで入手 

刃材:全鋼 柄材:クロム 全長92mm 鞘長85mm 刃長57mm 刃幅12mm 刃厚1.8mm 重量16g

こいつを肥後守の頁に分類するのは明らかに違うのだが、これこそが我々が学校の前の雑貨屋さんでボール紙の箱を掻き回して選んでいたナイフである。当時10円とかだった記憶が有る。肥後守以下の存在として価格も安く 小学二年〜三年位でボンナイフじゃ嫌だけど肥後守は小遣いが足りなくて買えない、という場合の選択肢であった。価格的にはボンナイフと同じだったはず..........記憶が怪しいが、当時「ナイフ」と言えばガキ共の間では通用した。ちゃんとネイルマークも掘られ小刃付けがされている。いったい何処で造られたものだろうか。鞘はペラペラのブリキ、刃材は焼き入れしてるとは思えない単なる鉄板?何しろ子供らはレンガで研いでいた(赤レンガだと荒砥位にはなるのか?)もう少し大きめのが有ったはずだが そいつは尻尾がピンと上がった格好だった(と思う)その内見つけたら またここに掲載します。

刃材:全鋼? 柄材:クロム 全長167mm 鞘長98mm 刃長64mm 刃幅15mm 刃厚1.5mm 重量19g チキリ無し ネイルマーク有 刻印何も無し

これが上の小振りなナイフの所に書いた御尻がピンと上がった格好のものである。真っ黒に汚れ果てた状態で入手し何とかここまで再生した。何しろ金属がペラペラなのでうっかりすると曲がったり下手すると穴が開く。ちょっと驚いたのは大きさの記憶が適当だった事だ。記憶では小さかった筈だがご覧の通り肥後守「大」サイズと同じくらいである。このナイフのネイルマークは実は無用の長物なのだ。刃を柄に押し込むと刃全部が鞘に潜るため尾部を手のひらに叩付けて刃を出すのである。


PANTHER MICKY・俗にボン/ミッキー・ナイフと言われていたもの(関東ではボンナイフ、関西ではミッキーナイフと言われていた)

刃材:カミソリの刃 柄材:ブリキ 全長90mm 鞘長82mm 刃長50mm 刃巾15mm 刃厚1mm 重量1g

昭和三十年代前期 学童だった人間は、プラスチック柄のボンナイフが学校の購買で売られていた覚えが有る筈。ブリキ柄のボンナイフや肥後守は校門を出てすぐの「何でも売ってるおみせ屋さん」に買いに行く物だった。「校門すぐのおみせ屋さん」は学童の交歓の場でも有り そこでは明治や森永のキャラメルは奥のガラスケースに納められ 子供の手元に近い場所には当然買い食い(当たりクジ付)の為の酢イカやらカレー味の煎餅やガラス管に入った毒々しい色彩の寒天やニッキ紙などが並んでいた。20円のコンパスや5円の工作用紙と同じ店でお菓子もビー玉もメンコもベーゴマもオハジキも肥後守も売っていた。

肥後守・肥後ナイフは兎も角ボンナイフは、この作りゆえ残存個体が限りなくゼロに近い。刃は両刃の替刃式安全カミソリの刃を2つに折ったもの。鳩目は壊れて当然の造りである。男子が肥後守・肥後ナイフで武装していたところを女子はボンナイフで武装していたのである。たまに このボンナイフで柿などを器用に剥く女子も居た。しかしこの個体だが 幾ら何でも?ヒョウの絵が書いてあるからPANTHERは兎も角、MICKEYなんて どこにもいないぞ?(ミッキーのスペルはMickeyが正解で当時有りがちなボケである)と思っていたら関西方面の通称が「ミッキーナイフ」だった為のネーミングだったんですね。

追記 まだ現在制作されているものがプラスチック柄の中にキラキラした金属板や紙が透けて見える型で「株式会社 坪米製作所」が頑張って製造している。ボンナイフコレクターの方のサイトも存在している。


無銘の折り畳み式鋸 

刃材:全鋼 柄材:真鍮 全長250mm 鞘長90mm 刃長115mm 刃幅17mm 刃厚0.8mm 重量40g

両面菊座金 チキリ無

全く何処にも製造元の刻印が無い。何でここに鋸を掲載したかというと勘の良い読者なら解ると思うが「真鍮柄」で「両面菊座金」を使っているからである。どういう目的で作られたものか鋸として使うにはサイズが中途半端であり鋸に必須なはずの「アサリ」が付けられていないのである。まさに三徳型の肥後ナイフにオマケ的に付属する鋸そのものなのである。しかし菊座金を両面とも奢ってあったり柄の真鍮にも波形の飾りを切り込んであったり何となく戦前物の香りが漂っているのである。一体どういう由来のものなのか実に知りたい逸品である。


番外 謎のミニナイフ(使用目的不明)12/22Yahooオークションで入手 

刃材440ステンレス 柄材18-8ステンレス 全長115mm 鞘長66mm 刃長18mm 刃幅13mm 刃厚1.6mm 重量22g

Yahooオークションで肥後守&肥後ナイフを漁っていた時に「チキリ」が付いた妙な形状のナイフを見つけ、落札したものである。届いた物を見て首が傾いた......こ これは何だろう?柄にはFHKと社名らしいもの有り 柄はピンを中心に開くため全くグリップとしての用をなさず チキリ状金具は刃体部の真ん中にあるので刃を固定する物ではなく刃を出すための物でもない。また刃そのものは先端の三角形部分にダガー状態で付いている。元々は何の目的で使うものなのか解らない謎のナイフである。